東京大学
研究倫理審査申請システム(申請はこちらから)

研究倫理審査の委託を行いたい外部機関の方へ

学外からの申請の流れ


東京大学大学院医学系研究科・医学部 倫理委員会(以下「倫理委員会」)では、「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」「ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針」が適用となる研究計画について、審査を受託しています。
審査受託内規
様式はこちらからダウンロードが可能です。

Step1.自組織での準備


ご自身の研究機関において研究管理を担当する部門との間で、当倫理委員会に倫理審査の委託を行うことについて相談を行い、必要な手続きについて確認を行ってください。
※指針では、研究者が行う研究について研究機関の長が倫理審査委員会に意見を求め、研究実施の許可等について決定することを定めています。これは審査の委託でも変わりはなく、研究実施機関の長から審査委託をいただき、審査後に当該研究機関の長より研究許可の判断を行っていただく必要がございます。

Step2.申請に向けての準備


申請予定の研究に従事される方につきましては、本学の「医学部研究倫理セミナー」の受講をお願いしています。
セミナー詳細については、こちらをご覧ください。
医学部 研究倫理セミナー 学外者受講願

Step3.必要書類の作成


自組織の長(研究許可権者)の了承が得られましたら、「東京大学大学院医学系研究科・医学部 倫理委員会への審査依頼状」「研究責任者及び研究分担者に関わる推薦書」を東京大学医学部 研究倫理支援室(以下、事務局)までご郵送ください。
※倫理審査及び研究実施の責務や各種手続き等について、本学と審査委託をいただいた研究機関との間で「倫理審査受託に関する覚書」を取り交わしております。
 審査依頼状
 覚書

Step4.審査依頼の受付


ご郵送いただいた必要書類の記載内容につきまして、事務局にて確認いたします。倫理審査委託の要件を満たしていることが確認できましたら、事務局よりご連絡いたします。

Step5.審査のお申し込み・お支払い


審査申込書をご記入の上、申し込みおよび審査手数料のお支払いをお願いいたします。
審査手数料は個別にお知らせいたします。
 審査申込書(学外用)

Step6.審査書類作成


以下の書類をご提出ください。
 倫理審査/研究登録申請書
 委託機関一覧(代表施設のみ提出)
 説明文書

Step7.審査


依頼いただいた倫理審査は、事前審査を経た後の直近の倫理委員会で審査されることになります。従って、審査申込から審査結果の通知までは、少なくとも2ヶ月程度の期間が必要となります。

Step8.審査結果通知書の発行


審査終了後、倫理審査結果通知書(以下「結果通知書」)を発行いたします。発行された結果通知書をもとに、自組織の長(研究許可権者)より研究実施許可を得てください。

※倫理審査前の検討の結果、貴研究組織の研究実施体制が、倫理指針に鑑みて十分ではないことが明らかである等の理由により、倫理審査の受託をお断りする場合があります。また、倫理審査受託後の倫理審査の過程において同様の理由が判明した場合は、「却下」判定となる場合があります。
※お預かりいたしました書類等は、倫理審査等業務の目的のみに使用し、他の目的に使用いたしません。
※その他、ご不明な点がございましたら、こちらまでお問い合わせください。
ページトップへ