お知らせ

2019年11月のAHAで口頭発表した”Machine Learning Models for Outcome Prediction of Out-Of-Hospital Cardiac Arrest of Presumed Cardiac Cause Using the All-Japan Utstein Registry” (Tomohisa Seki, Tomoyoshi Tamura, Kazuhiko Ohe, Masaru Suzuki) でPaul Dudley International Scholar Award を受賞しました。
abstract : https://www.ahajournals.org/doi/10.1161/circ.140.suppl_2.27

D3 岩井聡氏が第1回日本医療情報学会最優秀論文賞(Effects of Implementing a Tree Model of Diagnosis into a Bayesian Diagnostic Inference System)、D4 Ma Xiaojun(A Semi-automatic Framework to Identify Abnormal States in EHR Narratives)氏が同 優秀論文賞をそれぞれ受賞しました(2018.11.23)。

Y Kawazoe, K Shimamoto, R Yamaguchi, Y Shintani-Domoto, H Uozaki, M Fukayama, K Ohe: Faster R-CNN-BasedGlomerular Detection in Multistained  Human Whole Slide Images. J. Imaging 2018,4,91; doi:10.3390/imaging4070091

氏名 学 年 指導教員
中野 哲平 NAKANO, Teppei 1年 今井健 准教授(疾患生命工学センター医工情報学部門)
早川 仁 HAYAKAWA, Jin 1年 大江和彦 教授
三谷 知広 MIITANI, Tomohiro 1年 大江和彦 教授

横田慎一郎 特任講師(病院)が下記の論文により、公益社団法人 日本看護科学学会(鎌倉やよい理事長、平成28年度会員数8,799名) 第16回学術論文優秀賞を受賞しました。(2017年12月16日)
Yokota S & Ohe K. Construction and evaluation of FiND, a fall risk prediction model of inpatients from nursing data. Japan Journal of Nursing Science. 2016;13(2): 247–255. (Link)

岩井聡(博士2年)が国際医療情報学会MEDINFO2017(中国杭州)でStudent Award Competitionで上位3位までの受賞は逃しましたが上位7人にノミネートされました(写真一番左)。

第36回医療情報学連合大会(2016.11)優秀発表者として研究奨励賞を受賞し、第21回医療情報学会春季学術大会の場で表彰されました(2017.6.2)。発表演題は「高血圧のphenotyping手法の開発および他疾患との比較検討」

新しく土井俊祐助教(前職:千葉大学病院)が企画情報運営部に着任しました。(2017/4/1)

社会医学専攻における分野名は

(従来)「医療情報学経済分野」

(新) 「医療情報学分野」に変更されました.

対応する英語名称は,Department of Biomedical Informatics, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo に変更されました.

また病院企画情報運営部の英語名所は,Department of Healthcare Information Management, The University of Tokyo Hospital に変更されました.