第35回医療情報学連合大会(沖縄2015.11.1-4)で発表-東京大学大学院医学系研究科 社会医学専攻 医療情報学分野

第35回医療情報学連合大会(沖縄2015.11.1-4)で発表

第35回医療情報学連合大会(沖縄宜野湾市2015.11.1-4)で当教室から以下の発表がありました。

  1. 香川璃奈,河添悦昌,井田有亮,篠原恵美子,今井健, 大江和彦; SS-MIX2標準化ストレージを用いた2型糖尿病症例のEHR Phenotypingアルゴリズムの開発と評価. .第35回医療情報学連合大会,2016.11.4,沖縄県宜野湾市,沖縄コンベンションセンター
  2. 篠原 恵美子,大江 和彦. 医療機関独自の臨床検査マスターに対する自動JLAC10コーディング手法
    の開発.第35回医療情報学連合大会,2016.11.2,沖縄県宜野湾市,沖縄コンベンションセンター
  3. 田中 勝弥,星本 弘之,大原 信,山本 隆一,大江 和彦.電子処方箋の運用に向けた処方情報・調剤情報の標準的記述規格案の策定.第35回医療情報学連合大会,2016.11.2,沖縄県宜野湾市,沖縄コンベンションセンター
  4. 野口 貴史,大江 和彦,杉山 雄大,辻本 哲郎,脇 嘉代,美代 賢吾,植木 浩二郎,梶尾 裕.SS-MIX2ストレージからデータ取得できる多目的臨床データ登録クラウドシステムMCDRSの開発と活用.第35回医療情報学連合大会,2016.11.2,沖縄県宜野湾市,沖縄コンベンションセンター
  5. 野口 貴史,大江 和彦,杉山 雄大,辻本 哲郎,脇 嘉代,美代 賢吾,植木 浩二郎,梶尾 裕, 多目的臨床データ登録システム(MCDRS),第35回医療情報学連合大会シンポジウム,2016.11.3,沖縄県宜野湾市,沖縄コンベンションセンター<HyperDemo>