教授 大江和彦 (Kazuhiko Ohe, M.D., Ph.D. )

現職

  • 医学系研究科 社会医学専攻 医療情報学分野 教授
  • 医学系研究科 公共健康医学専攻 医療情報システム学分野 教授
  • 医学系研究科 健康科学・看護学専攻 保健医療情報学分野 教授(兼担)
  • 医学部附属病院企画情報運営部 部長(兼務)(2015.1〜)
  • 医学部附属病院病歴管理部 部長、パブリックリレーションセンター長(兼務)(2017.9.13〜)
  • 医学系研究科・医学部附属病院 健康と医学の博物館館長(兼務)(2011.1〜)
  • 東京大学 総長特任補佐(併任)(2015.4〜)
  • 順天堂大学 客員教授(2016.4〜)

専門領域

  • 医学医療における以下の研究(人工知能システム、知識表現と知識処理、オントロジー、自然言語処理)
  • 医療情報の標準化
  • 医療情報システム、医療情報の統合化処理、臨床研究における医療情報技術基盤研究
  • 臨床医学およびゲノムデータベースの構築とその活用

学会活動等

  • 日本医療情報学会 代表理事・学会長(2016.6.4〜)
  • 日本医療情報学会評議員(1997.11〜)、幹事(1997.11〜2000.11)、理事(2000.11〜2013.6)、副会長(2010.7〜2013.6)、常任幹事(2013.7〜2016.6)、評議員・理事・理事長・学会長予定者(2016.6〜)
  • 日本医療情報学会標準策定・維持管理部会部会長(2011〜2016.6)
  • 日本医療情報学会
    課題研究会 医療情報システム間通信規約研究会代表幹事(〜1997.6)
    課題研究会 MML/MERIT-9研究会代表幹事(1997〜99)
    課題研究会 医療情報システムモデリング研究会代表幹事(1999〜2003)
    課題研究会 医療オントロジー・用語・言語・知識処理研究会代表幹事(2007〜10)
    課題研究会 医学・医療における知識と言語表現処理研究会代表幹事(2011〜15)
    課題研究会 医用知能情報学研究会代表幹事(2015.7〜)
  • 人工知能学会 医用人工知能研究会 幹事(2015.7〜)
  • 情報処理学会、人工知能学会、日本医療・病院管理学会、米国医療情報学会などの会員

社会活動

  • 2001.5〜05.7 医療情報標準化推進協議会(HELICS)設立代表・会長
  • 2007〜 厚生労働省政策統括官室 保健医療情報標準化会議 座長
  • 2011〜 厚生労働省 厚生労働統計の整備に関する検討会 構成員
  • 2013〜 厚生労働省 医療情報データベース基盤整備事業(MID-NET)推進検討会 座長
  • 厚生労働省 医療情報データベースの利活用に関する有識者会議  構成員
  • 2015.4.1〜 内閣官房 健康・医療戦略室 次世代医療ICT基盤協議会構成員、同WG-A座長、同WG-B構成員
  • 2015.7.1〜 日本医学会連合社会部会理事、日本医学会幹事
  • 厚生労働省 医療情報データベースの運営等に関する検討会 構成員

受賞

  • 1986  日本医療情報学会研究奨励賞
  • 1994  日本医療情報学会研究奨励賞

趣味

  • 皆既日食旅行(10勝2敗)、食べ歩き、釣り(海)、流星彗星観望

資格・学位

  • 医師免許、医学博士、通産省第1種情報処理技術者、第2種小型船舶免許、普通自動車免許

連絡先

  • ohe-office@adm.h.u-tokyo.ac.jp (@を半角に変更してください)
  • 〒113-8655 東京都文京区本郷7-3-1 東大病院企画情報運営部内
  • 電話 03-5800-6427 (ダイアルイン)

略歴

  • 昭和 34(1959)年大阪生まれ
  • 昭和 59(1984)年 3月31日         東京大学医学部医学科卒業
    昭和 59(1984)年 6月1日         東京大学医学部附属病院研修医(外科、麻酔科)
    昭和 60(1985)年 6月1日         新潟県佐度郡(現佐渡市)佐和田病院 医師(昭61年3月31日まで)
    昭和 61(1986)年 4月1日         東京大学大学院医学博士課程(第一基礎医学 医療情報学)入学
    平成 元 (1989)年 8月31日      同上退学(助手採用のため)
    平成 元 (1989)年 9月1日        東京大学医学部附属病院中央医療情報部 助手
    平成  2(1990) 年  6月1日        東京大学医学部 講師  (附属病院中央医療情報部)
    平成  6(1994) 年 11月1日        東京大学医学部 助教授 (附属病院中央医療情報部)
    平成  9(1997) 年  4月1日        東京大学大学院医学系研究科社会医学専攻医療情報経済学分野教授(平成26年度より分野名変更:医療情報学分野
    医学部附属病院中央医療情報部長併任(平成15年4月改組により現在は企画情報運営部(平成25年3月まで))
    平成15(2003)年  4月1日          東京大学医学部附属病院 副病院長(平成17年3月まで)
    平成16(2004)年  4月1日          東京大学総長補佐(平成17年3月まで)
    平成19(2007)年  4月1日          東京大学大学院医学系研究科公共健康医学専攻医療情報システム学教授(併任)現在に至る
    平成19(2007)年  4月1日          東京大学医学部附属図書館長(併任)(平成25年3月まで)
    平成20(2008)年 1月1日          東京大学医学部附属病院パブリック・リレーションセンター長(併任)(平成25年3月まで)
    平成23(2011)年  1月     東京大学医学部・医学部附属病院 健康と医学の博物館館長(併任)現在に至る
    平成27(2015)年 1月1日          東京大学医学部附属病院企画情報運営部 部長(併任)現在に至る
    平成27(2015)年 4月1日          東京大学 総長特任補佐(併任)現在に至る
    平成29(2017)年 9月13日          東京大学医学部附属病院病歴管理部長、パブリック・リレーションセンター長(併任)現在に至る

専門領域に関連する実務的業績

  • 病名とコードの標準化の実現と普及推進

2001年 レセプト用傷病マスターとICD10対応標準病名マスターの統合版の構築を企画・主導し、現在まで15年間にわたり年4回の継続的メンテナンスを関連団体とともに実施してきた。これが、現在のナショナルレセプトデータベースをはじめ、電子レセプト、電子カルテのほとんど全てにおいて、標準化された病名、コード、ICD10分類コードが使用されている標準基盤となっている。
[資料] ICD10対応標準病名マスター作成10周年記念シンポジウム(2011.10.21)大江和彦 病名の標準コードの意義と標準病名マスターの今後.
他の関連論文等

  • 特定健診・保健指導の電子データ形式の策定

2008年度に開始された国の特定健診・保健指導プログラムで使用されている特定健診・保健指導の実施データの電子データ形式をHL7CDAに準拠した形式で策定(H18-19 年度厚生労働科学研究分担研究者)し、ソフトウエア、仕様書等とともに公開して普及させた。これにより特定健診・保健指導データが全国統一された電子データ形式で収集され、現在のナショナルレセプトデータベースにおいて特定健診・保健指導データが蓄積できている必須の技術基盤となっている。

[論文] 1.大江和彦: 特定健診・特定保健指導 データの電子化と標準化の役割, 日本臨床66(7)1423-1433,2008.
2. H Hoshimoto, Y S. Nittami, Y Konishi, M Ohbayashi, E Murakami, T Kubodera, H Watanabe, I Yamaguchi, K Tanaka, K Miyo, R Yamamoto, K Ohe: Nationwide Standard Electronic Health-Document-Exchange based on HL7CDA-Rel.2 in the New National Health-Checkup-Program for Preventing Metabolic Syndrome in Japan ,Proceedings of MEDINFO 2007, 2007.

  • 医療情報標準化推進協議会HELICSの設立と医療情報標準規格

国内の主要な医療情報標準化団体に対して医療情報標準化推進協議会HELICSの設立を呼びかけ、 2001年に医療情報システム開発センター、日本医学放射線学会、日本医療情報学会、日本画像医療システム工業会、日本放射線技術学会、保健医療福祉情報システム工業会が参加する協議会として設立し、初代会長を2005年まで4年間勤めた。その後、現在まで厚労省保健医療情報標準化会議議長として国内の医療情報標準化規格の認定プロセスの策定を取りまとめ、これが2010年からの厚労省医療情報標準規格の制定につながっている。

 

最近の研究業績

<原著論文/原著相当国際学会発表論文>

== 2017==

  1. Watanabe H, Kimura M, Ohe K. Survey on Usage of Medical Referral Information in Japanese Physicians. Healthc Inform Res. 2017 Apr;23(2):126-134.
  2. Yokota S, Endo M, Ohe K. Establishing a classification system for high fall risk among inpatients using support vector machines. Comput Inform Nurs. 2017 Aug;35(8):408-416.
  3. Hayashi A, Yamaguchi S, Waki K, Fujiu K, Hanafusa N, Nishi T, Tomita H, Kobayashi H, Fujita H, Kadowaki T, Nangaku M, Ohe K.: Testing the Feasibility and Usability of a Novel Smartphone-Based Self-Management Support System for Dialysis Patients: A Pilot Study. JMIR Res Protoc. 2017 Apr 20;6(4):e63. doi: 10.2196/resprot.7105.
  4. Shibuta T, Waki K, Tomizawa N, Igarashi A, Yamamoto-Mitani N, Yamaguchi S, Fujita H. Kimura S, Fujiu K, Waki H, Izumida Y, Sasako T, Kobayashi M, Suzuki R, Yamauchi T, Kadowaki T, Ohe K.: Willingness of patients with diabetes to use an ICT-based self-management tool: a cross-sectional study. BMJ Open Diabetes Res Care. 2017 Feb 7;5(1):e000322. doi: 10.1136/bmjdrc-2016-000322. eCollection 2017.
  5. Takehiro Sugiyama, Kengo Miyo, Tetsuro Tsujimoto, Ryota Kominami, Hiroshi Ohtsu, Mitsuru Ohsugi, Kayo Waki, Takashi Noguchi, Kazuhiko Ohe, Takashi Kadowaki, Masato Kasuga, Kohjiro Ueki, Hiroshi Kajio : Design of and rationale for the Japan Diabetes compREhensive database project based on an Advanced electronic Medical record System (J-DREAMS),Diabetology International, 27.06.2017 accepted

== 2016 ==

  1. Yamaguchi S, Waki K, Tomizawa N, Waki H, Nannya Y, Nangaku M, Kadowaki T, Ohe K.:Previous dropout from diabetic care as a predictor of patients’ willingness to use mobile applications for self-management: A cross-sectional study.J Diabetes Investig. 2016 Dec 24. doi: 10.1111/jdi.12613. [Epub ahead of print]
  2. Kagawa R, Kawazoe Y, Ida Y, Shinohara E, Tanaka K, Imai T, Ohe K.: Development of Type 2 Diabetes Mellitus Phenotyping Framework Using Expert Knowledge and Machine Learning Approach. J Diabetes Sci Technol. 2016 Dec 7. pii: 1932296816681584. [Epub ahead of print]
  3. Takeshi Imai, Emiko Shinohara, Masayuki Kajino, Ryota Sakurai, Kazuhiko Ohe, Kouji Kozaki, Riichiro Mizoguchi. An Ontological Framework for Representing Topological Information in Human Anatomy.In Proc. of the 5th Internatinal Conference on Biomedical Ontology (ICBO-BioCreative 2016),CEUR-ws.org Vol. 1747, IT506,Corvallis, Oregon, USA, Aug. 1-4, 2016.
  4. Kawazoe Y, Imai T, Ohe K. :A Querying Method over RDF-ized Health Level Seven v2.5 Messages Using Life Science Knowledge Resources, JMIR Med Inform 2016;4(2)
  5. 山縣友紀, 古崎晃司, 今井 健, 大江和彦, 溝口理一郎. 疾患知識統合に向けた異常状態オントロジーのLinked Data化. 人工知能学会論文誌 31(1):pp.LOD-A_1-15, 2016.
  6. 篠原恵美子,今井 健,大江 和彦, 身体部位表現と解剖オントロジーのマッピングに関する基礎的検討, 医療情報学,35(6): 275-282, 2016.
  7. Kurasawa H, Hayashi K, Fujino A, Takasugi K, Haga T, Waki K, Noguchi T, Ohe K. Machine-Learning-Based Prediction of a Missed Scheduled Clinical Appointment by Patients With Diabetes. J Diabetes Sci Technol May 2016 10(3): 730-6.
  8. Yokota S, Ohe K. Construction and evaluation of FiND, a fall risk prediction model of inpatients from nursing data. Japan Journal of Nursing Science. 2016; 13(2): 247–255.  doi:10.1111/jjns.12103

== 2015 ==

  1. Waki K, Fujiu K, Hayashi A, Kimura S, Kobayashi H, Nangaku M, Kadowaki T, Ohe K. DialBetics: Smartphone-Based Self-Management for Type 2 Diabetes Patients on Insulin Injections. J Diabetes Sci Technol. In press. Letter to the Editor.
  2. Kato S, Waki K, Nakamura S, Osada S, Kobayashi H, Fujita H, Kadowaki T,
    Ohe K. Validating the use of photos to measure dietary intake—the method used by DialBetics, a smartphone-based self-management system for diabetes patients. Diabetology International. In press
  3. Waki K, Aizawa K, Kato S, Fujita H, Lee H, Kobayashi H, Ogawa M, Mouri K, Kadowaki T, Ohe K. DialBetics With a Multimedia Food Recording Tool, FoodLog: Smartphone-Based Self-Management for Type 2 Diabetes.
    J Diabetes Sci Technol. 2015 May; 9 (3): 534-40.
  4. Kozaki K, Yamagata Y, Mizogucih R, Imai T and Ohe K. Disease Compass-Navigation System for Disease Knowledge based on Ontology and Linked Data Techniques. In Proc. of the 4th Internatinal Conference on Biomedical Ontology (ICBO 2015),Lisbon,Portugal,pp.77-81, July 27-30,2015.

== 2014 ==

  1. Yamagata Y, Kozaki K, Imai T, Ohe K, Mizoguchi R.:An ontological modeling approach for abnormal states and its application in the medical domain.,J Biomed Semantics. 2014;5:23.
  2. Waki K, Fujita H, Uchimura Y, Omae K, Aramaki E, Kato S, Lee H, Kobayashi H, Kadowaki T, Ohe K.:DialBetics: A Novel Smartphone-based Self-management Support System for Type 2 Diabetes Patients.,J Diabetes Sci Technol. 2014 Mar 13;8(2):209-215.
  3. Hanatani T, Sai K, Tohkin M, Segawa K, Antoku Y, Nakashima N, Yokoi H, Ohe K, Kimura M, Hori K, Kawakami J, Saito Y.:Evaluation of two Japanese regulatory actions using medical information databases: a ‘Dear Doctor’ letter to restrict oseltamivir use in teenagers, and label change caution against co-administration of omeprazole with clopidogrel.,J Clin Pharm Ther. 2014 Aug;39(4):361-7.
  4. Sumitani M, Yasunaga H, Uchida K, Horiguchi H, Nakamura M, Ohe K, Fushimi K, Matsuda S, Yamada Y.:Perioperative factors affecting the occurrence of acute complex regional pain syndrome following limb bone fracture surgery: data from the Japanese Diagnosis Procedure Combination database.,Rheumatology (Oxford). 2014 Jul;53(7):1186-93.
  5. Chikuda H, Yasunaga H, Takeshita K, Horiguchi H, Kawaguchi H, Ohe K, Fushimi K, Tanaka S.:Mortality and morbidity after high-dose methylprednisolone treatment in patients with acute cervical spinal cord injury: a propensity-matched analysis using a nationwide administrative database.,Emerg Med J. 2014 Mar;31(3):201-6.
  6. 山縣友紀, 古崎晃司, 今井 健, 大江和彦, 溝口理一郎. 疾患における異常状態オントロジーの構築. 医療情報学34(3), pp.101-117, 2014.

== 2013 ==

  1. Ogura K, Yasunaga H, Horiguchi H, Ohe K, Shinoda Y, Tanaka S, Kawano H.:Impact of hospital volume on postoperative complications and in-hospital mortality after musculoskeletal tumor surgery: analysis of a national administrative database.,J Bone Joint Surg Am. 2013 Sep 18;95(18):1684-91.
  2. Yoshida Y, Imai T, Ohe K.:The trends in EMR and CPOE adoption in Japan under the national strategy.,Int J Med Inform. 2013 Oct;82(10):1004-11.
  3. Kawazoe Y, Miyo K, Kurahashi I, Sakurai R, Ohe K.:Prediction-based threshold for medication alert.,Stud Health Technol Inform. 2013;192:229-33.
  4. Imai T, Hayakawa M, Ohe K.:Development of description framework of pharmacodynamics ontology and its application to possible drug-drug interaction reasoning.,Stud Health Technol Inform. 2013;192:567-71.
  5. Yamagata Y, Kou H, Kozaki K, Mizoguchi R, Imai T, Ohe K.:Ontological Model of Abnormal States and its Application in the Medical Domain. ICBO2013(Montreal, Canada), 22-27,ICBO2013(Montreal, Canada), 22-27
  6. Sugihara T, Yasunaga H, Horiguchi H, Fujimura T, Nishimatsu H, Kume H, Ohe K, Matsuda S, Fushimi K, Homma Y.:Is mechanical bowel preparation in laparoscopic radical prostatectomy beneficial? An analysis of a Japanese national database.,BJU Int. 2013 Jul;112(2):E76-81.
  7. Ogura K, Yasunaga H, Horiguchi H, Ohe K, Kawano H.:Incidence and risk factors for pulmonary embolism after primary musculoskeletal tumor surgery.,Clin Orthop Relat Res. 2013 Oct;471(10):3310-6.
  8. Kohro T, Yamazaki T, Sato H, Harada K, Ohe K, Komuro I, Nagai R.:Trends in antidiabetic prescription patterns in Japan from 2005 to 2011.,Int Heart J. 2013;54(2):93-7.
  9. Hayakawa M, Uchimura Y, Omae K, Waki K, Fujita H, Ohe K.:A smartphone-based medication self-management system with realtime medication monitoring.,Appl Clin Inform. 2013 Jan 30;4(1):37-52.
  10. Sugihara T, Yasunaga H, Horiguchi H, Fujimura T, Nishimatsu H, Kume H, Ohe K, Matsuda S, Fushimi K, Homma Y.:Longer operative time is associated with higher risk of severe complications after percutaneous nephrolithotomy: analysis of 1511 cases from a Japanese nationwide database.,Int J Urol. 2013 Dec;20(12):1193-8.
  11. Nakamura M, Yasunaga H, Haraguchi T, Ando S, Sugihara T, Horiguchi H, Ohe K, Matsuda S, Fushimi K.:Length of mechanical restraint following haloperidol injections versus oral atypical antipsychotics for the initial treatment of acute schizophrenia: a propensity-matched analysis from the Japanese diagnosis procedure combination database.,Psychiatry Res. 2013 Oct 30;209(3):412-6.
  12. Fukuda T, Yasunaga H, Horiguchi H, Ohe K, Fushimi K, Matsubara T, Yahagi N.:Health care costs related to out-of-hospital cardiopulmonary arrest in Japan.,Resuscitation. 2013 Jul;84(7):964-9.
  13. Takeuchi I, Fujita H, Ohe K, Imaki R, Sato N, Soma K, Niwano S, Izumi T.:Initial experience of mobile cloud ECG system contributing to the shortening of door to balloon time in an acute myocardial infarction patient.,Int Heart J. 2013;54(1):45-7.
  14. Kohro T, Yamazaki T, Sato H, Ohe K, Nagai R.:The impact of a change in hypertension management guidelines on diuretic use in Japan: trends in antihypertensive drug prescriptions from 2005 to 2011.,Hypertens Res. 2013 Jun;36(6):559-63.
  15. Sugihara T, Yasunaga H, Horiguchi H, Tsuru N, Ihara H, Fujimura T, Nishimatsu H, Ohe K, Fushimi K, Homma Y.:Comparisons of perioperative outcomes and costs between open and laparoscopic radical prostatectomy: a propensity-score matching analysis based on the Japanese Diagnosis Procedure Combination database.,Int J Urol. 2013 Mar;20(3):349-53.
  16. Sugihara T, Yasunaga H, Horiguchi H, Fujimura T, Nishimatsu H, Ohe K, Matsuda S, Fushimi K, Kattan MW, Homma Y.:Does mechanical bowel preparation improve quality of laparoscopic nephrectomy? Propensity score-matched analysis in Japanese series.,Urology. 2013 Jan;81(1):74-9.
  17. Sugihara T, Yasunaga H, Horiguchi H, Nishimatsu H, Kume H, Ohe K, Matsuda S, Fushimi K, Homma Y.:A nomogram predicting severe adverse events after ureteroscopic lithotripsy: 12372 patients in a Japanese national series.,BJU Int. 2013 Mar;111(3):459-66.
  18. Shinohara EY, Aramaki E, Imai T, Miura Y, Tonoike M, Ohkuma T, Masuichi H, Ohe K.:An easily implemented method for abbreviation expansion for the medical domain in Japanese text. A preliminary study.,Methods Inf Med. 2013;52(1):51-61.
  19. Sugihara T, Yasunaga H, Horiguchi H, Fujimura T, Nishimatsu H, Tsuru N, Suzuki K, Ohe K, Fushimi K, Homma Y.:Regional, institutional and individual factors affecting selection of minimally invasive nephroureterectomy in Japan: a national database analysis.,Int J Urol. 2013 Jul;20(7):695-700.
  20. Sugihara T, Yasunaga H, Horiguchi H, Tsuru N, Fujimura T, Nishimatsu H, Kume H, Ohe K, Matsuda S, Fushimi K, Homma Y.:Wide range and variation in minimally invasive surgery for renal malignancy in Japan: a population-based analysis.,Int J Clin Oncol. 2013 Dec;18(6):1070-7.

== 2012 ==

  1. Horiguchi H, Yasunaga H, Hashimoto H, Ohe K.:A user-friendly tool to transform large scale administrative data into wide table format using a MapReduce program with a Pig Latin based script.,BMC Med Inform Decis Mak. 2012 Dec 22;12:151. doi: 10.1186/1472-6947-12-151.
  2. Waki K, Fujita H, Uchimura Y, Aramaki E, Omae K, Kadowaki T, Ohe K.:DialBetics: smartphone-based self-management for type 2 diabetes patients.,J Diabetes Sci Technol. 2012 Jul 1;6(4):983-5.
  3. Sugihara T, Yasunaga H, Horiguchi H, Fujimura T, Ohe K, Matsuda S, Fushimi K, Homma Y.:Impact of surgical intervention timing on the case fatality rate for Fournier’s gangrene: an analysis of 379 cases.,BJU Int. 2012 Dec;110(11 Pt C):E1096-100. doi: 10.1111/j.1464-410X.2012.11291.x. Epub 2012 Jun 21.
  4. Shoda N, Yasunaga H, Horiguchi H, Matsuda S, Ohe K, Kadono Y, Tanaka S.:Risk factors affecting inhospital mortality after hip fracture: retrospective analysis using the Japanese Diagnosis Procedure Combination Database.,BMJ Open. 2012 May 4;2(3). doi:pii: e000416. 10.1136/bmjopen-2011-000416. Print 2012.
  5. Yasunaga H, Horiguchi H, Matsuda S, Fushimi K, Hashimoto H, Ohe K, Kokudo N.:Relationship between hospital volume and operative mortality for liver resection: Data from the Japanese Diagnosis Procedure Combination database.,Hepatol Res. 2012 Nov;42(11):1073-80. doi: 10.1111/j.1872-034X.2012.01022.x. Epub 2012 May 1.
  6. Sugihara T, Yasunaga H, Horiguchi H, Nishimatsu H, Fukuhara H, Enomoto Y, Kume H, Ohe K, Matsuda S, Homma Y.:Management trends, angioembolization performance and multiorgan injury indicators of renal trauma from Japanese administrative claims database.,Int J Urol. 2012 Jun;19(6):559-63; author reply 564. doi: 10.1111/j.1442-2042.2012.02978.x. Epub 2012 Mar 8.
  7. Kohro T, Iwata H, Fujiu K, Manabe I, Fujita H, Haraguchi G, Morino Y, Oguri A, Ikenouchi H, Kurabayashi M, Ikari Y, Isobe M, Ohe K, Nagai R.:Development and implementation of an advanced coronary angiography and intervention database system.,Int Heart J. 2012;53(1):35-42.
  8. Sugihara T, Yasunaga H, Horiguchi H, Nakamura M, Nishimatsu H, Kume H, Ohe K, Matsuda S, Homma Y.:In-hospital outcomes and cost assessment between bipolar versus monopolar transurethral resection of the prostate.,J Endourol. 2012 Aug;26(8):1053-8. doi: 10.1089/end.2011.0592. Epub 2012 Mar 19.
  9. Tanaka K, Atarashi H, Yamaguchi I, Watanabe H, Yamamoto R, Ohe K.:Wireless LAN security management with location detection capability in hospitals.,Methods Inf Med. 2012;51(3):221-8. doi: 10.3414/ME10-01-0002. Epub 2011 Mar 21.
  10. Kozaki K, Mizoguchi R, Imai T, Ohe K. :A Consideration on Identity od Diseases. ,Proc. of the Fifth Interdisciplinary Ontology Conference: 75-80. 2012
  11. Yamagata Y, Kou H, Kozaki K, Mizoguchi R, Imai T, Ohe K :Ontological Modeling of Interoperable Abnormal States ,Proc of the 2nd Joint International Semantic Technology Conference (JIST2012) LNCS7774:33-48. 2012
  12. Kouji Kozaki, Riichiro Mizoguchi, Takeshi Imai and Kazuhiko Ohe.:Identity Tracking of a Disease as a Causal Chain.,The 3rd International Conference on Biomedical Ontology (ICBO 2012). 2012.7.23. Graz, Austria
  13. Kouji Kozaki, Hiroko Kou, Yuki Yamagata, Takeshi Imai, Kazuhiko Ohe and Riichiro Mizoguchi.:Browsing Causal Chains in a Disease Ontology.,The 11th International Semantic Web Conference (ISWC 2012). 2012.11.13. Boston, USA.
  14. Yuki Yamagata, Hiroko Kou, Kouji Kozaki, Riichiro Mizoguchi, Takeshi Imai, Kazuhiko Ohe. :Ontological Modeling of Interoperable Abnormal States.,JIST2012:The 2nd Joint International Semantic Technology Conference. 2012.12.4. Nara, Japan.

== 2011 以前はこちら==

 

<国際学会発表(原著相当以外)>

  1. Yokota S, Ohe K. Construction and evaluation of FiND, a fall risk prediction model of inpatients from nursing data. Japan Journal of Nursing Science 13(2). 2016; 247–255.
  2. K.Tanaka, T.Noguchi, R.Yamamoto, K.Miyo, K.Ohe:A Nationwide Remote EHR Backup Project in anticipation of Large-scale Disaster in Japan. e-Health – For Continuity of Care. 205:1241, 2014.
  3. Yamaguchi I, Fujita H, Ohe K.:Early detection of QT interval prolongation from the ECG database system.,Stud Health Technol Inform. 2013;192:1043.
  4. Tatsukawa A, Shinohara EY, Kawazoe Y, Imai T, Ohe K.:An analysis of the openehr archetype semantics based on a typed lambda theory.,Stud Health Technol Inform. 2013;192:990.
  5. Shinohara EY, Tatsukawa A, Kawazoe Y, Imai T, Ohe K.:A qualitative model for physiology: apart from function and abnormality.,Stud Health Technol Inform. 2013;192:984.
  6. Miyo K, Kawazoe Y, Yamaguchi I, Tatsukawa A, Ohe K.:Evaluation of a Context-based Prescription Alert System: A Clinical Perspective.,Stud Health Technol Inform. 2013;192:1030.
  7. Fujita H, Uchimura Y, Waki K, Omae K, Takeuchi I, Ohe K.:Development and clinical study of mobile 12-lead electrocardiography based on cloud computing for cardiac emergency.,Stud Health Technol Inform. 2013;192:1077.
  8. Ishii M, Kawazoe Y, Tatsukawa A, Ohe K. :A method for handling multi-institutional HL7 data on Hadoop in the cloud., Big Data 2013 Conference, Apr 2013, Brisbane, Australia.
  9. Emiko Y. Shinohara, Akimichi Tatsukawa, Yoshimasa Kawazoe, Takeshi Imai, Kazuhiko Ohe.:A Qualitative Model for Physiology: Apart from Function and Abnormality.,MEDINFO2013, Copenhagen, Denmark(2013/8/21) (Poster)
  10. Izumi Yamaguchi, Hideo Fujita, Kazuhiko Ohe.:Early Detection of QT Interval Prolongation from the ECG Database System. ,MEDINFO2013, Copenhagen, Denmark(2013/8/21) (Poster)
  11. Akimichi Tatsukawa, Emiko Y. Shinohara, Yoshimasa Kawazoe, Takeshi Imai, Kazuhiko Ohe.:An Analysis of the OpenEHR Archetype Semantics Based on a Typed Lambda Theory. ,MEDINFO2013, Copenhagen, Denmark(2013/8/21) (Poster)
  12. Kengo Miyo, Yoshimasa Kawazoe, Izumi Yamaguchi, Akimichi Tatsukawa, Kazuhiko Ohe.:Evaluation of a Context-based Prescription Alert System: A Clinical Perspective.,MEDINFO2013, Copenhagen, Denmark(2013/8/22) (Poster)
  13. Waki K,Fujita H,Uchimura Y, Aramaki E,Omae K,Hayakawa M, Kadowaki T, Ohe K:DIALBETICS: SMARTPHONE-BASED SELF-MANAGEMENT FOR TYPE 2 DIABETES PATIENTS,Diabetes Technology Conference (Paris. February,2013)(Poster presentation)
  14. Waki K,Fujita H,Uchimura Y, Aramaki E,Omae K,Kadowaki T, Ohe K:DialBetics: Smartphone-based self-management for type 2 diabetes patients.,European Federation for Medical Informatics 2012 (Pisa, Italy)
  15. Waki K,Aramaki E,Uchimura Y,Okahata S,Masukawa S,Omae K,Hayakawa M, Fujita H,Kadowaki T,Ohe K:DialBetics: A novel Smartphone-based self-management support system for type 2 diabetic patients,The 5th International Conference on Advanced Technologies & Treatments for Diabetes (Balcerona, Spain. March,2012)

<査読なし(総説、解説等)>

  1. 大江和彦. 医療情報データベースの基盤整備, 情報管理. 2016, vol. 59, no. 5, p. 277-283.
  2. 大江 和彦,糖尿病情報を活用する将来の糖尿病診療 医療データベースから医療を知る,日本糖尿病情報学会誌(2432-4043)15巻,58-65(2016.12),解説
  3. 満武 巨裕, 大江 和彦, 今中 雄一,NDBオープンデータを活用する NDBオープンデータを研究利用に活用する 医療技術(CT、MRI、PET)の利用に関する国際比較,社会保険旬報(1343-5728)2661号,12-16(2016.12),解説
  4. 大江 和彦,医療情報データベースの基盤整備 多角的なデータ解析のために,情報管理(0021-7298)59巻5号,277-283(2016.08),解説
  5. 山口 亮平, 今井 健, 大江 和彦,【ディープラーニング-人工知能は脳を超えるか】 医療への応用 ディープラーニングの画像診断への応用,Clinical Neuroscience(0289-0585)34巻8号,925-927(2016.08),解説/特集
  6. 大江和彦,わが国の保健医療データベース利活用の現状と今後.日本循環器病予防学会誌,50(3),163-169,2015.

<国内学会発表 2017>

  1. 大江和彦: ICTとAIがもたらす医療.第60回日本腎臓学会学術大会,シンポジウム6,日本腎臓学会誌,59(6),196,2017.5.27,仙台国際センター(仙台市).
  2. 山口亮平, 嶋本公徳, 河添悦昌, 堂本裕加子, 宇於崎宏, 大江和彦: 腎臓糸球体病理画像のDeep Learningによる所見分類手法の検討. 第3回日本医療情報学会医用知能情報学研究会・人工知能学会医用人工知能研究会(SIG-AIMED)合同研究会抄録 SIG-AIMED-003-04,まほろばマインズ三浦,(神奈川県三浦市),2017.3.9. [PDF]

<国内学会発表2016>

  1. 大江 和彦.臨床医学連結知識データベースを用いた問診と診断想起システムの考察,第2回第2回 医用人工知能研究会 (SIG-AIMED) 人工知能学会「医用人工知能研究会」合同研究会,2016.11.9,神奈川県横浜市,慶応義塾大学 日吉キャンパス 来往舎.
  2. 高野 良治, 近藤 裕治, 北島 正人, 宮本 青, 安藝 理彦, 石浦 浩之, 辻 省次, 石井 雅通, 大江 和彦,ゲノム情報の臨床活用に向けたゲノム変異とその意味情報の効率的な管理手法の提案,医療情報学連合大会論文集(1347-8508)36回2号,934-935(2016.11),会議録
  3. 香川 璃奈, 河添 悦昌, 篠原 恵美子, 今井 健, 大江 和彦,高血圧のphenotyping手法の開発および他疾患との比較検討,医療情報学連合大会論文集(1347-8508)36回2号,770-773(2016.11),会議録
  4. 篠原 恵美子, Xiaojun Ma, 韓 浩, 石井 雅通, 今井 健, 大江 和彦,医学知識と言語知識に基づく診療録テキストの深い解析手法の提案,医療情報学連合大会論文集(1347-8508)36回2号,648-651(2016.11),会議録
  5. Xiaojun Ma, 篠原 恵美子, 韓 浩, 石井 雅通, 今井 健, 大江 和彦,EHRにおけるナラティブの臨床テクストからの、ライフスタイル情報の抽出(Extracting lifestyle information from narrative clinical texts in EHR)(英語),医療情報学連合大会論文集(1347-8508)36回2号,642-646(2016.11),会議録
  6. 韓 浩, Xiaojun Ma, 篠原 恵美子, 石井 雅通, 今井 健, 大江 和彦,EHRからの胸部X線検査の診断的知見の抽出(Extracting Diagnostic Findings of Chest X-ray Examinations from EHR)(英語),医療情報学連合大会論文集(1347-8508)36回2号,638-641(2016.11),会議録
  7. 河添 悦昌, 香川 璃奈, 山口 亮平, 桜井 亮太, 篠原 恵美子, 大江 和彦,電子的診療情報からの高次元特徴データを用いたEHR Phenotypingアルゴリズムの開発,医療情報学連合大会論文集(1347-8508)36回1号,426-430(2016.11),会議録
  8. 小南 亮太, 美代 賢吾, 杉山 雄大, 辻本 哲郎, 大津 洋, 野口 貴史, 大杉 満, 植木 浩二郎, 梶尾 裕, 大江 和彦,診療録直結型全国糖尿病情報データベース(J-DREAMS)の構築と多施設データ統合の諸課題,医療情報学連合大会論文集(1347-8508)36回1号,292-293(2016.11),会議録
  9. 松居 宏樹, 佐藤 大介, 大江 和彦,レセプト情報等オンサイトリサーチセンターにおける、今後の第三者提供の方向性について レセプト情報等オンサイトリサーチセンターにおけるNDBデータの利用 システム環境とNDBの特性に関する報告,医療情報学連合大会論文集(1347-8508)36回1号,138-140(2016.11),会議録
  10. 佐藤 大介, 大江 和彦,医療データベース利活用の国内基盤の最新状況 レセプト情報等オンサイトリサーチセンターの試行的利用について,日本薬剤疫学会学術総会抄録集22回,51(2016.11),会議録
  11. 大江 和彦,医療ビッグデータとこれからの医療,日本臨床検査自動化学会会誌(0286-1607)41巻4号,371(2016.08),会議録
  12. 倉沢 央, 林 勝義, 藤野 昭典, 芳賀 恒之, 脇 嘉代, 野口 貴史, 門脇 孝, 大江 和彦,機械学習を用いた糖尿病外来患者の受診中断リスク予測,糖尿病(0021-437X)59巻Suppl.1, S-330(2016.04),会議録
  13. 木村 滋子, 脇 嘉代, 児玉 和代, 藤生 克仁, 山口 聡子, 富澤 修子, 永友 利津子, 澁田 朋未, 鵜川 昌士, 高野 暁乃, 豊岡 継泰, 門脇 孝, 大江 和彦,食物繊維摂取量の指標としての尿中ナトリウムカリウム比 2型糖尿病患者自己管理支援システムDialBeticsを用いた検討,医療情報学連合大会論文集(1347-8508)36回2号,732-733(2016.11),会議録
  14. 山下 彩花, 堀 雄史, 川上 純一, 木村 通男, 平松 達雄, 大江 和彦, 國方 淳, 横井 英人, 近藤 勝弘, 木村 和哲, 頭金 正博,医療情報データベースを用いた無顆粒球症検出アルゴリズムの汎用性に関する検討,臨床薬理(0388-1601)47巻Suppl., S249(2016.10),会議録
  15. 永友 利津子, 脇 嘉代, 藤生 克仁, 山口 聡子, 木村 滋子, 富澤 修子, 澁田 朋未, 児玉 和代, 鵜川 昌士, 小林 春香, 高野 暁乃, 藤田 英雄, 門脇 孝, 大江 和彦,2型糖尿病ICT自己管理アプリ(DialBetics)使用群における歩数とHbA1cの評価 ランダム化比較試験の結果,糖尿病(0021-437X)59巻Suppl.1, S-395(2016.04),会議録
  16. 笠松 麻祐美, 脇 嘉代, 木村 滋子, 相澤 清晴, 小川 誠, 藤生 克仁, 山口 聡子, 富澤 修子, 児玉 和代, 小林 春香, 門脇 孝, 大江 和彦,ICTシステム(DialBetics vs FoodLog)を用いた食事登録内容の検討 2型糖尿病患者と健常者の比較,糖尿病(0021-437X)59巻Suppl.1, S-393(2016.04),会議録
  17. 高野 暁乃, 脇 嘉代, 藤生 克仁, 山口 聡子, 木村 滋子, 澁田 朋未, 鵜川 昌士, 富澤 修子, 永友 利津子, 児玉 和代, 小林 春香, 藤田 英雄, 門脇 孝, 大江 和彦,2型糖尿病患者における尿中ナトリウム/カリウム比と塩分摂取量の相関に関する検討,糖尿病(0021-437X)59巻Suppl.1, S-393(2016.04),会議録
  18. 小林 春香, 脇 嘉代, 藤生 克仁, 安部 成司, 木村 滋子, 澁田 朋未, 藤田 英雄, 門脇 孝, 大江 和彦,スマートフォンを活用した健康管理の実践 労働者コホートと糖尿病患者コホートの比較,糖尿病(0021-437X)59巻Suppl.1, S-331(2016.04),会議録
  19. 児玉 和代, 脇 嘉代, 藤生 克仁, 山口 聡子, 木村 滋子, 富澤 修子, 永友 利津子, 渋田 朋美, 鵜川 昌士, 小林 春香, 高野 暁乃, 門脇 考, 大江 和彦,糖尿病患者における食物繊維摂取量の指標としての尿中ナトリウム/カリウム比の有効性,糖尿病(0021-437X)59巻Suppl.1, S-331(2016.04),会議録
  20. 木村 滋子, 脇 嘉代, 小澤 英昭, 大賀 よしえ, 藤生 克仁, 山口 聡子, 澁田 朋未, 鵜川 昌士, 富澤 修子, 永友 利津子, 児玉 和代, 小林 春香, 高野 暁乃, 門脇 孝, 大江 和彦,シンガポールにおけるICT健康管理システムの有用性 糖尿病ICT自己管理支援システム(DialBetics)との比較,糖尿病(0021-437X)59巻Suppl.1, S-328(2016.04),会議録
  21. 富澤 修子, 脇 嘉代, 藤生 克仁, 山口 聡子, 木村 滋子, 澁田 朋未, 鵜川 昌士, 永友 利津子, 児玉 和代, 小林 春香, 高野 暁乃, 藤田 英雄, 門脇 孝, 大江 和彦,ICTを用いた2型糖尿病患者向け自己管理支援システム(DialBetics)の臨床試験への参加者と非参加者の比較,糖尿病(0021-437X)59巻Suppl.1, S-328(2016.04),会議録
  22. 鵜川 昌士, 脇 嘉代, 藤生 克仁, 山口 聡子, 木村 滋子, 澁田 朋未, 富澤 修子, 永友 利津子, 児玉 和代, 小林 春香, 高野 暁乃, 藤田 英雄, 門脇 孝, 大江 和彦,スマートフォンを用いた2型糖尿病患者自己管理支援システムに必要な機能改善についての調査,糖尿病(0021-437X)59巻Suppl.1, S-328(2016.04),会議録
  23. 脇 嘉代, 藤生 克仁, 山口 聡子, 木村 滋子, 澁田 朋未, 鵜川 昌士, 富澤 修子, 永友 利津子, 児玉 和代, 小林 春香, 高野 暁乃, 門脇 孝, 大江 和彦,2型糖尿病ICT自己管理支援システム(DialBetics)の安全性評価 先進医療への取り組み,糖尿病(0021-437X)59巻Suppl.1, S-328(2016.04),会議録
  24. 脇 嘉代, 木村 滋子, 山口 聡子, 林 亜紀, 富澤 修子, 永友 利津子, 児玉 和代, 高野 暁乃, 鵜川 昌士, 小林 春香, 澁田 朋未, 藤生 克仁, 門脇 孝, 大江 和彦,糖尿病におけるPHR(Personal Health Record) 生活習慣病手帳やお薬手帳の電子化と活用 2型糖尿病患者を対象としたICT自己管理支援システム DialBetics,糖尿病(0021-437X)59巻Suppl.1, S-62(2016.04),会議録
  25. 木村 滋子, 脇 嘉代, 中村 禎子, 長田 早苗, 児玉 和代, 藤生 克仁, 山口 聡子, 富澤 修子, 澁田 朋未, 小林 春香, 門脇 孝, 大江 和彦,糖尿病ICT自己管理支援システム(DialBetics)使用者の食物繊維摂取量増加とその要因,日本栄養・食糧学会大会講演要旨集70回,210(2016.04),会議録

<国内学会発表2015>

  1. 松居 宏樹, 大江 和彦.レセプト情報等オンサイトリサーチセンターにおけるNDBデータの利用から~操作性,活用可能性,その限界について~,第35回医療情報学連合大会シンポジウム,2015.11.2,沖縄県宜野湾市,沖縄コンベンションセンター
  2. 篠原 恵美子,大江 和彦. 医療機関独自の臨床検査マスターに対する自動JLAC10コーディング手法
    の開発.第35回医療情報学連合大会,2015.11.2,沖縄県宜野湾市,沖縄コンベンションセンター
  3. 田中 勝弥,星本 弘之,大原 信,山本 隆一,大江 和彦.電子処方箋の運用に向けた処方情報・調剤情報の標準的記述規格案の策定.第35回医療情報学連合大会,2015.11.2,沖縄県宜野湾市,沖縄コンベンションセンター
  4. 野口 貴史,大江 和彦,杉山 雄大,辻本 哲郎,脇 嘉代,美代 賢吾,植木 浩二郎,梶尾 裕.SS-MIX2ストレージからデータ取得できる多目的臨床データ登録クラウドシステムMCDRSの開発と活用.第35回医療情報学連合大会,2015.11.2,沖縄県宜野湾市,沖縄コンベンションセンター
  5. 大江 和彦.多施設臨床症例データベース事業における医療情報学の役割.第35回医療情報学連合大会シンポジウム,2015.11.3,沖縄県宜野湾市,沖縄コンベンションセンター
  6. 土屋 文人,大江 和彦,田中 勝弥,下邨 雅一,松木薗 孝二,天海 宏昭,山口 慶太,椎葉 貴宏,高島 浩二,中川 昌彦. 内服薬処方箋記載の在り方検討会その後, 第35回医療情報学連合大会シンポジウム,2015.11.3,沖縄県宜野湾市,沖縄コンベンションセンター
  7. 児玉 和代,脇 嘉代,加藤 滋子,藤生 克仁,富澤 修子,小林 春香,門脇 孝,大江 和彦, 2型糖尿病患者自己管理支援システム-DialBetics-の自動食事判定機能の利用状況と血糖コントロールの関連, 第35回医療情報学連合大会シンポジウム,2015.11.3,沖縄県宜野湾市,沖縄コンベンションセンター<Poser>
  8. 野口 貴史,大江 和彦,杉山 雄大,辻本 哲郎,脇 嘉代,美代 賢吾,植木 浩二郎,梶尾 裕, 多目的臨床データ登録システム(MCDRS),第35回医療情報学連合大会シンポジウム,2015.11.3,沖縄県宜野湾市,沖縄コンベンションセンター<HyperDemo>
  9. 澁田 朋未,脇 嘉代,富澤 修子,加藤 滋子,小林 春香,永友 利津子,藤生 克仁,藤田 英雄,門脇 孝,大江 和彦,スマートフォンを用いたPHRアプリケーション(my健康手帳) および2型糖尿病患者の自己管理支援システム(DialBetics)の機能比較と利用者の意向の検討,第35回医療情報学連合大会シンポジウム,2015.11.3,沖縄県宜野湾市,沖縄コンベンションセンター<HyperDemo>
  10. 香川 璃奈,河添 悦昌,井田 有亮,篠原 恵美子,今井 健,大江 和彦, SS-MIX2標準化ストレージを用いた2型糖尿病症例のEHR Phenotypingアルゴリズムの開発と評価,第35回医療情報学連合大会シンポジウム,2015.11.4,沖縄県宜野湾市,沖縄コンベンションセンター
  11. 澁田 朋未*,脇 嘉代,富澤 修子,山本 則子,高井 ゆかり,五十嵐 歩,山内 敏正,門脇 孝,大江 和彦, 情報通信技術(ICT)を用いた糖尿病患者向け自己管理ツールの利用に関する調査研究,第35回医療情報学連合大会シンポジウム,2015.11.4,沖縄県宜野湾市,沖縄コンベンションセンター
  12. 小林 春香,脇 嘉代,藤生 克仁,澁田 朋未,加藤 滋子,安部 成司,大江 和彦, 企業労働者のスマートフォンを活用した糖尿病予防に対する意識調査に関する研究,第35回医療情報学連合大会シンポジウム,2015.11.4,沖縄県宜野湾市,沖縄コンベンションセンター
  13. 富澤 修子,脇 嘉代,藤生 克仁,林 亜紀,加藤 滋子,永友 利津子,澁田 朋未,小林 春香,門脇 孝,大江 和彦,糖尿病患者の自己管理におけるスマートフォンアプリケーションの利用実態と意向調査,第35回医療情報学連合大会シンポジウム,2015.11.4,沖縄県宜野湾市,沖縄コンベンションセンター
  14. 加藤 滋子, 脇 嘉代,藤生 克仁,児玉 和代,富澤 修子,小林 春香,門脇 孝,大江 和彦,血糖コントロールと3ヶ月間の食事記録の変化ー2型糖尿病患者自己管理支援アプリDialBeticsを用いた検討ー,第35回医療情報学連合大会シンポジウム,2015.11.4,沖縄県宜野湾市,沖縄コンベンションセンター

< 最近の国内講演 >

  1. 学会長講演:医療情報学の将来に向けた学会の役割,第36回医療情報学連合大会・第17回日本医療情報学会学術大会(パシフィコ横浜,2016.11.23)
  2. 招待講演:メディカルAIを視野にいれた医療情報システムの展望, 国立がん研究センター研究所⻑中央病院⻑セミナー(国際研究交流会館国際会議場,2016.11.16)
  3. 招待講演:診療から生まれるビッグデータの活用,第96回慶應医学会シンポジウム「医療ビッグデータ」,慶應医学会(慶應義塾大学病院,信濃町,東京,2016.11.4)
  4. 招待講演:人工知能がもたらす医療の未来とは, 東京工科大学創立30周年記念公開講座 「AI(人工知能)によって変わる未来」(東京工科大学,八王子市,東京,2016.10.22)
  5. 特別講演:医療ビッグデータとこれからの医療, 第48回日本臨床検査自動化学会大会,(パシフィコ横浜,2016.9.23)
  6. 招待講演:SS-MIX2の多目的臨床データベース利用ーMCDRSと糖尿病DB事業J-DREAMSー, 厚労省標準SS-MIX2の利活用事例シンポジウム,SS-MIX普及推進コンソーシアム,(東京ベイ有明ワシントンホテル,2016.7.15)
  7. 招待基調講演:地域医療福祉情報連携協議会第9回 シンポジウム,(東京都文京区,御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター2016.6.28).
  8. 招待講演:患者レジストリーによるビッグデータ構築とコホート研究. 第59回日本腎臓学会学術総会. ワークショップ1:ビッグデータと腎臓病診療―日本初のCKD関連ビッグデータベースの設立と活用―,(日本腎臓学会,横浜市,端フィコ横浜,2016.6.17)
  9. 招待講演:医療ビッグデータの将来展望と課題.病院サプライチェーン可視化研究会((一財)流通システム開発センター,東京都港区,2016.3.11).
  10. 特別講演:医療を変えるICTと医療情報データベース.弘前大学COI特別講演会(弘前大学大学院医学系研究科臨床大講堂,弘前市,2016.2.16).
  11. 特別講演:臨床症例データベースの現状と展望.第3回日本腎臓研究会(経団連会館,東京,2016.1.9).
  12. 招待講演:医療データベースから医療を知る.第15回日本糖尿病情報学会年次学術集会,シンポジウム1「糖尿病情報を活用する将来の糖尿病診療」(海運クラブ,東京都千代田区, 2015.08.29)
  13. 講演:ゲノム情報との統合解析を目指した電子カルテからの臨床情報活用.東京大学ゲノム医科学研究機構キックオフシンポジウムーゲノム医療の発展を目指してー(東京大学伊藤国際学術研究センター伊藤謝恩ホール,東京都文京区本郷,2015.08.29)
  14. 招待講演:全国国立大学病院災害対策医療情報遠隔地バックアップ事業の概要.国際モダンホスピタルショー2015(東京ビッグサイト東展示棟NTT東日本展示ブース,東京都江東区有明,2015.07.17)
  15. 特別講演:わが国の保健医療データベース利活用の現状と今後.第51回日本循環器予防学会学術集会(大阪大学中之島センター佐治敬三メモリアルホール,大阪市北区,2015.06.26)
  16. 招待講演:医療におけるICTの現状と展望.第29回日本医学会総会2015関西「医療とIT-近未来の医療はこう変わる-」(国立京都国際会館,2015.04.11)
  17. 招待講演:医療情報データベース整備事業MID-NETの現状と展望.第6回臨床試験学会学術集会総会(日本教育会館一橋ホール,東京都千代田区,2015.2.21)
  18. 招待講演:ICTにより変わるこれからの医療. 大阪労災病院コンピューター委員会講演会 (大阪労災病院,2015,2,6)
  19. 招待講演:ICTがこれからの医療にもたらすもの. 第2回健康長寿ループの会(東京大学COI拠点)(東京大学小柴ホール,2014.12.11)
  20. 招待講演:医療データベースから 医療を知る. 「多目的コホートに基づくがん予防など健康の維持・増進に役立つエビデンスの構築に関する研究」JPHC-Study研究班主催(がん研究振興財団国際研究交流会館国際会議場,2014.10.16)
  21. 招待講演:Standardization of Electronic Medical and Health Records for Large Cohort Study.BioJapan2014 in Yokohama (パシフィコ横浜,2014.10.17)
  22. 招待講演:ICTが溶け込む 近未来の医療ー夢と課題ー.OZAK研究会(医療法人大坪会) (幕張研修センタ,2014.10.05)
  23. 招待講演:臨床データの二次利用推進のための標準化と課題.富士通ライフサイエンスフォーラム 2014 in TOKYO (東京国際フォーラム,2014.07.11)
  24. 招待講演:医療を変えるICTと医療情報データベース.STARCシンポジウム2014 横浜(横浜市 新横浜国際ホテル,2014.01.29)
  25. 招待講演:医療情報データベースから展開する臨床研究ー電子カルテとレセプトのデータ活用ー.国立国際医療研究センター研究所セミナー(国立国際医療研究センター,2013.07.24)
  26. 講演:医療情報データベース基盤整備事業の現状.シンポジウム:医療情報の公益利用とプライバシ保護(,2013.07.20)
  27. 招待講演:医療情報化の最前線―データ活用の現状と課題―.クローズドセミナー(国際大学グローバル・コミュニケーション・センター,2013.05.14)
  28. 講演:.公開シンポジウム 医療知識基盤としての臨床医学オントロジー(東京ステーションカンファランス,2013.03.22)
  29. 招待講演:SS-MIX2 とその周辺.レクチャー(東北大学病院,2012.11.29)
  30. 基調講演:医療のIT化がもたらす社会貢献〜展望と課題〜.開原成允先生記念シンポジウム(時事通信ホール(東京都中央区),2012.09.29)
  31. “講演:標準医療IT基盤システムの研究開発—電子カルテデータから臨床研究用多施設標準データベースへ—、.内閣府最先端研究開発支援プログラム(FIRSTプログラム)「未解決のがんと心臓病を撲滅する最適医療開発」シンポジウム(東京大学伊藤国際学術研究センター
  32. 伊藤謝恩ホール,2012.06.19)”
  33. “講演:標準化された医療IT基盤の構築 その技術的課題と政策的課題.内閣府最先端研究開発支援プログラム(FIRSTプログラム)「未解決のがんと心臓病を撲滅する最適医療開発」国際シンポジウム(東京大学伊藤国際学術研究センター
  34. 伊藤謝恩ホール,2012.03.02)”
  35. 基調講演:医療情報システムの 標準化をめざして.標準化推進部会業務報告会(保健医療福祉情報システム工業会,2012.01.26)
  36. 基調講演:医療情報システムから得られる医療情報.HELICSチュートリアル「医療情報利用のための環境整備を目指して」(鹿児島市民文化ホール,2011.11.20)
  37. 講演:効率的な臨床研究に必要な情報システム基盤の開発 (大江和彦が講演).最先端研究開発支援プログラム(FIRSTプログラム)「未解決のがんと心臓病を撲滅する最適医療開発」第1回公開シンポジウム(東京大学武田先端知ビル 5階武田ホール,2011.09.28)