ソフト・資料ページ

このページでは、当研究室の研究プロジェクト等で開発されダウンロード利用していただけるソフトウエア、データベース、技術資料等(以下ソフトウエア等)を提供します。末尾にある注意書きをお読みになってからダウンロード、利用ください。

特定健診・特定保健指導CSV→XML変換ソフトCC2Xシリーズ(旧 tokuteikenshin.jpページ)2018年度からの第3期対応β3 2017.11.11
説明(readme-b3.pdf)
ソフトパッケージβ3
2013年版用マニュアル
電子化した処方箋の標準化様式の整備と運用に関する研究 (H27年度厚労科研(地域医療基盤開発推進研究事業)H27年度総括報告書参考資料 (2016.8公開)
MCDRS 多目的臨床データ登録システムのページ 2015.7 公開(準備中ページあり)
臨床検査項目分類コード(JLAC)検索ソフトウェア Jラッコ 2014.10公開
ICD10-2013対応病名検索ソフトウエア「病名くん2.0 ICD10-2013対応版」
厚生科研報告書、関連データファイル 2015.9公開
ここをクリック
調剤実施情報(HL7CDA準拠)の技術資料→電子化した処方箋の標準化様式の整備と運用に関する研究 (H27年度厚労科研)を参照ください。
最先端研究開発プログラムで開発したソフト
( 
利用マニュアル、インストールマニュアル等同梱パッケージ)

  • 家系図エディタ( Windows/Mac/Unixで動作するStandaloneプログラム、 Javaランタイムが必要)zipファイル名:fteditor20130329.zip
  • 心臓カテーテル検査レポートDBシステム CAIRS-DB
  • CAIRS-DB のSS-MIX2拡張ストレージへのXML出力システム CAIRS-SSMIX 

このページで提供されるソフトウエア等の著作権は当教室および作成者にあります。また、ソフトウエア等に表示もしくは記述されている著作権表示等のクレジットに従います。

使用に関する条件は、個々に記載がある場合にはその記載が優先しますが、いずれも提供された状態のままで使っていただくソフトウエア等であり、質問には時間的余裕があればお答えしますが、それを約束するものではありません。

また、本ページに記載のソフトウエア等をダウンロードして使用することは、使用者の自己責任でお願いします。研究や業務等で使用されて何らかの障害、影響、被害等がありましても、当教室および個々のソフトウエア等の作成者は一切その責任を負いません。

また、本ページに掲載のソフトウエア等を改変して使用することは、ダウンロードして使用する者の自己責任の範囲で差し支えありません。ただし、表記されているクレジット(作成者、開発者、提供者など著作権等)の削除は禁止します。また改変後のソフトウエア等を当教室および作成者の許可なく使用者の所属する組織以外に対して公開、提供、ダウンロード可能な状態にすること、および関連著作物の公表を行うことを禁じます。また本ページに掲載のソフトウエア等を使用したプロジェクト等での成果を発表する場合には、当教室名とソフトウエア名を謝辞等に記載していただければ幸いです。