入進学希望の方へ
HOMEホーム入進学希望の方へ 大学院医学系研究科

大学院医学系研究科

  1. 課程及び専攻等について
  2. 学生募集要項
  3. 大学院入試日程
  4. 入学希望者向けガイダンス
  5. 募集要項の窓口による配布
  6. 募集要項を郵送で請求する場合
  7. 過去の入試問題について
  8. 問い合わせ先

最終更新日: 2016/05/18

健康科学・看護学専攻博士後期課程入試について
   
 

大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻博士後期課程では、平成28年(2016年)8月に入学選抜(社会人等特別選抜)を実施します(平成29年4月入学選抜についても、例年と同様のスケジュールで行う予定です)。
また、第一次試験では、筆記試験科目「外国語(英語) 」に替えてTOEFLの成績を利用した外国語審査を行います。 平成29年4月 入学選抜についても同様にTOEFLの成績を利用した外国語審査を行います。
詳細については、「健康科学・看護学専攻博士後期課程入試の外国語(英語)に ついて」を参照してください。

   
国際保健学専攻博士後期課程入試について
   
 

大学院医学系研究科国際保健学専攻博士後期課程では、平成28年7月に平成28年9月入学選抜を実施します。 (平成29年4月入学選抜についても、例年通り行います) 。
また、第一次試験は、筆記試験科目「外国語 (英語) 」に替えてTOEFLあるいはIELTSの成績を利用した外国語審査を行います。 (筆記試験は行いません。)
詳細については、「国際保健学専攻博士後期課程入試の外国語 (英語)審査 について」を参照してください。

   

1. 課程及び専攻等について

   
教育研究上の目的
  本研究科は、生命現象のしくみの解明、疾病の克服および健康の増進に寄与する最先端研究を推進するとともに、医学系領域の各分野において卓越した学識と高度な独創的研究能力を有する国際的リーダーを養成することを目的とする。
   
求める学生像
  医学系研究科では次のような学生を求めています。
  医学に関する基本的な知識を礎として、生命現象の解明、疾病の克服と回復の促進、健康の増進に向けて独創的な研究に取り組むことのできる人
  論理的で明晰な分析力と、既成の概念にとらわれない新鮮な着想力で、医学の未来を切り拓いていける人
  大学院で獲得した高度な知識と研究能力を礎として、医学系領域の各分野において国際的なリーダーとして活躍できる人





専 攻 募集
人員
(※注1)
主 な 出 願 資 格 (※注2)



2
健康科学・看護学専攻

※公共健康医学専攻が設置されたことにより、修士課程においては、看護学分野のみ募集 (健康科学分野を志望する場合は公共健康医学専攻を受験すること)

25名 ・大学を卒業 (卒業見込)
健康科学・看護学専攻 保健師コース
(※注3)
若干名 (定員25名に含む) ・大学を卒業 (卒業見込) 及び各コースの要件を満たすこと 要件 看護師免許又は保健師免許を有する者、あるいは国家試験受験資格を有する者 (ただし入学時には看護師の国家試験に合格していること)
看護師コース
(※注3)
看護師免許を有し、看護師として3年以上の実務経験を有する者
国際保健学専攻 21名 ・大学を卒業 (卒業見込)
医科学専攻 20名






2
公共健康医学専攻 2年コース 20名 ・大学を卒業 (卒業見込)
1
1年コース 10名 ・大学を卒業 (卒業込) 及び実務経験

  4年制大学卒:3年以上の実務経験
  6年制大学卒:2年以上の実務経験
   (医師等の臨床研修も実務とみなす)

対象となる実務経験
 行政機関 (保健医療関係) 、健保組合等の保険者、病院・診療所等の医療機関、介護老人施設、医薬品産業、医療関連産業、その他医療関係団体 (NPO・NGO) などにおける保健医療関係の実務経験 (※)

(※) 保健医療分野の実務経験の例としては、医師・歯科医師・獣医師・薬剤師・保健師の資格で、行政機関あるは医療機関における常勤 (週32時間以上) の勤務が挙げられますが、これ以外にも認められる場合があります。





3
健康科学・看護学専攻 25名 ・大学院修士課程を修了 (修了見込)
国際保健学専攻
 (平成28年9月入学)
9名
国際保健学専攻
 (平成29年4月入学)





4
分子細胞生物学専攻 19名 ・大学の医学、歯学、薬学又は獣医学を履修する6年の課程を卒業 (卒業見込)

・大学院修士課程・専門職学位課程を修了 (修了見込)

・外国において、学校教育における18年の課程 (最終の課程は医学、歯学、薬学又は獣医学) を修了 (修了見込)
(※注3)
機能生物学専攻 14名
病因・病理学専攻 33名
生体物理医学専攻 17名
脳神経医学専攻 21名
社会医学専攻 14名
内科学専攻 36名
生殖・発達・加齢医学専攻 16名
外科学専攻 40名

注意事項
  1. 平成29(2017) 年度の募集人員であり、試験の成績によっては、入学許可者数が募集人員に達しない場合がある。
  2. 出願資格については、平成29 (2017) 年度募集要項にて確認すること。
 

2. 学生募集要項

 


課 程 募集要項・専攻別添付資料
[日本語版]
Admissions Guide ; Attachment
[English Version]
修士課程
Master's Program
修士課程2017
(健康科学・看護学専攻添付資料)
master2017E
(Health Sciences and Nursing)
修士課程2017
(国際保健学専攻添付資料)
master2017E
* Please click here for more detail
(International Health/Global Health Sciences)
修士課程2017
(医科学専攻添付資料)
master2017E
(Medical Science)
修士課程(保健師コース・看護師コース)
Master’s Program(Public Health Nursing Course/Nursing Course)
修士課程(保健師コース・看護師コース)2017

(保健師コース・看護師コース入試案内)
 
専門職学位課程
Professional Degree Program
専門職学位課程2017
(公共健康医学専攻添付資料)
SPH2017E
(School of Public Health)
博士後期課程
Doctral Program
博士後期課程2017
(健康科学・看護学専攻添付資料)
doctor_kouki2017E
(Health Sciences and Nursing)
博士後期課程2017
(国際保健学専攻添付資料)
doctor_kouki2017E
(International Health)
医学博士課程
Doctoral Program of Medicine
医学博士課程2017
(医学博士課程添付資料)
Doctoral Program of Medicine 2017E
(Doctoral Program of Medicine)

 

 

出願資格の事前審査について
(上記「※注2) 主な出願資格」に記載の出願資格に該当する方は必要ありません。)

 

 

募集要項にて出願資格を確認し、上記「※注2) 主な出願資格」に記載の出願資格に該当しない方は出願前に入学資格審査を受ける必要があります
募集要項に記載の期日に間に合うように手続を必ず取ること。
「個別の入学資格審査」は、教育機関 (入学資格や講義内容等) 及び個人 (研究内容や職歴の詳細、学会誌等に掲載された研究論文等) 審査を行うので、出身学校の学生便覧や論文掲載の学会誌のコピー等の提出が必要になります。

 

 

5年制の博士課程を2年以上在籍、大学卒業後2年以上の研究歴については、本学医学系研究科において出願資格を認定する必要があります。
(2年制の修士課程、博士前期課程を修了または平成29年3月31日までに修了見込みについては入学資格審査は必要ありません。)

 

 

東日本大震災により被災した入学志願者の検定料免除について

 

 

 東日本大震災により被災した入学志願者については、審査の上、入試出願にかかる検定料を免除します。詳細はこちらをご覧ください。

 

 

 

 

外国の医学、歯学、薬学又は獣医学の教育制度が18年に満たない場合、研究生や大学院生としての学歴を有する者については、その学歴を不足分の年数の代わりとして、医学系研究科において認定することがあるので、事前に医学部大学院係まで問い合わせること。
大学院係 03-5841-3309 (直通:平日9:00〜17:00) e-mail: in@m.u-tokyo.ac.jp

 

 

 

 

*

公共健康医学専攻 1年コースの実務経験について

 

 

(1) 実務経験の年数について
平成29年3月31日現在で、実務経験が4年制大学卒:3年、6年制大学卒:2年を満たす場合、
「年数」については条件を満たしていることになります。

 

 

(2) 保健医療分野の実務経験について
例えば医師・歯科医師・獣医師・薬剤師・保健師の資格で、行政機関あるいは医療機関
における常勤 (週32時間以上) の勤務が挙げられますが、
これ以外にも認められる場合があります。

 

 

(3) 1年コースのみを希望する者で、実務経験が該当するかどうか事前に確認をしたい場合
A) 履歴書 (連絡先を必ず記入すること) 、B) 在職期間証明書 (コピー可)
を所定の期日 (募集要項で確認のこと) までに、大学院係あて提出すること。
提出された書類を確認の上、出願期間前までに本人宛結果を通知します。

 

 

  郵送先:〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学医学部大学院係宛
封筒表面に、SPH実務経験確認と朱書きしてください。

 

その他

 

 

医学系研究科では、入学試験の追試験・再試験は行っておりませんので、体調管理には充分注意してください。

 

 

 

  

3. 大学院入試日程 (平成29 (2017) 年度)

*下記の入試日程(予定)の内容については必ず改めて募集要項を参照して確認すること。

課 程 願書配布期間
(※注2を参照)
願書受付期間
(郵送のみ受付)
入学試験実施日 (※注3を参照) 合格発表日
筆記試験 口述試験
修士課程 平成28年5月9日

平成28年7月8日
平成28年7月4日

平成28年7月8日
平成28年8月22日 (健康科学・看護学)
平成28年8月24日
平成28年9月8日
(健康科学・看護学)
[保健師コース・看護師コース]
平成28年8月24日
(国際保健学)
平成28年8月24日
(医科学)
平成28年8月23日
専門職学位課程 平成28年5月9日

平成28年7月8日
平成28年7月4日

平成28年7月8日
平成28年8月22日 平成28年8月25日 平成28年9月8日
博士後期課程
(※注4参照)
(健康科学・看護学)
[社会人等特別選抜]

平成28年5月9日

平成28年7月8日

(健康科学・看護学)
[社会人等特別選抜]

平成28年7月4日

平成28年7月8日

(健康科学・看護学)
[社会人等特別選抜]

平成28年8月22日
(※注5)
(健康科学・看護学)
[社会人等特別選抜]

平成28年8月29日

(健康科学・看護学)
[社会人等特別選抜]
平成28年9月8日

(国際保健学)
[平成28年9月入学選抜]

平成28年4月7日

平成28年6月1日
(国際保健学)
[平成28年9月入学選抜]

平成28年5月27日

平成28年6月1日

(国際保健学)
[平成28年9月入学選抜]
外国語審査
(※注6)
(国際保健学)
[平成28年9月入学選抜]
平成28年7月13日
(国際保健学)
[平成28年9月入学選抜]
平成28年7月28日

(健康科学・看護学)
[一般選抜]
平成28年5月9日

平成29年1月6日
(健康科学・看護学)
[一般選抜]
平成29年1月4日

平成29年1月6日
(健康科学・看護学)
[一般選抜]
平成29年1月26日
(※注5)
(健康科学・看護学)
[一般選抜]
平成29年2月2日

(健康科学・看護学)
[一般選抜]
平成29年2月9日
(国際保健学)
[平成29年4月入学選抜]
平成28年4月7日

平成29年1月6日
(国際保健学)
[平成29年4月入学選抜]

平成29年1月4日

平成29年1月6日
(国際保健学)
[平成29年4月入学選抜]
外国語審査
(※注5)
(国際保健学)
[平成29年4月入学選抜]
平成29年2月3日
(国際保健学)
[平成29年4月入学選抜]
平成29年2月9日
医学博士課程 平成28年5月9日

平成28年7月29日
平成28年7月25日

平成28年7月29日
平成28年10月13日 平成28年10月14日 平成28年11月25日
注意事項
1. 出願資格については平成29 (2017) 年度募集要項に記載してあるが、不明な点は事前に医学部大学院係に問い合わせること。
大学院係 03-5841-3309 (直通:平日9:00〜17:00) e-mail: in@m.u-tokyo.ac.jp
2. 郵送の場合、発送日数を考慮し、願書受付期間に間に合うよう、窓口による配布より約1週間前までの配布としています。期間後は窓口にて入手すること。
3. 入学試験の詳細な日程 (時間等) については、願書受付後に受験票と一緒に送付される「受験者心得」を参照のこと。 (事前問い合わせには一切応じない。)
  4. 健康科学・看護学専攻博士後期課程の看護学分野において、例年2月に行われている入学試験とは別に、出願時に修士課程を修了している者に対しての「社会人等特別選抜」を8月に行っています。
詳細については、平成29 (2017) 年度募集要項を参照のこと。
  5. 健康科学・看護学専攻博士後期課程では、筆記試験科目「外国語 (英語) 」に替えてTOEFLの成績を利用した外国語審査を行っています。
詳細については、「健康科学・看護学専攻博士後期課程入試の外国語 (英語) について」を参照のこと。
  6. 国際保健学専攻博士後期課程では、筆記試験科目「外国語 (英語) 」に替えてTOEFLあるいはIELTSの成績を利用した外国語審査を行っています。
詳細については、「国際保健学専攻博士後期課程入試の外国語 (英語) 審査について」を参照のこと。
7. 過去の入試問題については、「7.過去の入試問題」を参照のこと。


4. 入学希望者向けガイダンス


東京大学大学院医学系研究科 入学希望者向けガイダンス
専   攻 実施日及び
実施時間
実施場所 受講者に対する伝達事項
医学博士課程
分子細胞生物学 平成28年

6月18日 (土)

午後1時〜3時
医学部教育研究棟13階

第5セミナー室
参加者の出身学部は問いません。熱意のある方の参加を期待します。
事前の申し込み等も必要ありません。
説明会後に各研究室の訪問・見学が可能です。
研究分野と教室主任、ホームページアドレスは次のとおりです。
  神経細胞生物学 岡部繁男 教授 Web
  生体構造学   吉川雅英 教授 Web
  分子生物学   水島 昇 教授 Web
  細胞情報学   間野博行 教授 Web
  代謝生理化学  栗原裕基 教授Web
  分子病態医科学 宮崎 徹 教授 Web
  リピドミクス社会連携講座 細胞情報学 清水孝雄 特任教授 Web
機能生物学 平成28年

5月14日 (土)

午後1時30分〜3時

医学部教育研究棟13階

第5セミナー室
研究に熱意のある人を広く求めます。参加にあたって事前連絡は不要です。参加者の出身学部は問いません。説明会後、各研究室を見学できます。

研究分野と教室主任
神経生理学 狩野方伸
「中枢シナプスの機能発達と可塑性」
E-mail: mkano-tky@m.u-tokyo.ac.jp
http://plaza.umin.ac.jp/~jneurophy/
構造生理学 河西春郎
「大脳シナプス・神経回路の2光子顕微鏡による可視化解析」
E-mail: hkasai@m.u-tokyo.ac.jp
http://www.bm2.m.u-tokyo.ac.jp/
統合生理学

大木 研一
2光子カルシウムイメージングを用いた大脳皮質の機能的神経回路の研究
E-mail: kohki@m.u-tokyo.ac.jp
http://www.physiol2.med.kyushu-u.ac.jp/

細胞分子生理学 松崎 政紀
前頭皮質回路と運動学習の細胞生理学
E-mail: mzakim@m.u-tokyo.ac.jp
システムズ薬理学 上田泰己
「睡眠・覚醒リズムをモデルとした個体レベルのシステム生物学」
E-mail: dsp@m.u-tokyo.ac.jp
http://sys-pharm.m.u-tokyo.ac.jp/
病因・病理学専攻 平成28年

5月21日 (土)

午後3時〜午後6時
医学部教育研究棟13階

第6・7セミナー室
本説明会への参加にあたっては、事前連絡は不要です。応募者の出身学部は問わず、研究に熱意のある方を広く求めます。詳細は病因・病理学専攻のホームページを参照してください
(URL:http://square.umin.ac.jp/PIM/) 。

病因・病理学専攻 (専攻長:高柳広教授) は医学部基幹講座に加え、協力講座、応援講座、連携大学院研究機関とともに連携して活発な研究を行っています。

(基幹講座)
人体病理学・病理診断学 深山 正久 教授
分子病理学         宮園 浩平 教授
微生物学           畠山 昌則 教授
感染制御学         森屋 恭爾 教授
免疫学            高柳 広  教授

(協力講座)
医科学研究所 世話人 村上 善則 教授
医学系研究科附属疾患生命工学センター動物資源学部門 饗場 篤 教授

(応援講座)
附属病院薬剤部   鈴木 洋史 教授

(連携大学院研究機関)
がん研究会がん研究所 中村卓郎 連携教授
国立がん研究センター研究所 岡本康司 連携教授
国立感染症研究所 脇田隆字 連携教授
生体物理医学専攻 平成28年

5月18日 (水)

午後6時〜午後8時30分
医学部附属病院入院棟A


1階レセプションルーム
基礎・臨床研究に熱意のある人を広く求めます。参加者の出身学部は問いません。セミナーとして各研究室から研究発表が行われます。その後、個別に入試相談を受け付けます。なお参加にあたって事前連絡は不要です。

研究分野と教室主任
放射線診断学 國松聡 
「CT/MRI診断学、IVR、コンピュータ画像処理」
E-mail: akrk-tky@umin.ac.jp
http://www.ut-radiology.umin.jp/
http://www.ut-radiology.umin.jp/ical/
核医学 百瀬敏光
「分子イメージングによる病態診断と創薬、アイソトープ治療」
E-mail: tmomo-tky@umin.ac.jp
http://www.ut-radiology.umin.jp/
放射線治療学 中川恵一 
「がんの高精度放射線治療」
「医学物理士養成コース」
E-mail: k-nak@fg7.so-net.ne.jp
http://u-tokyo-rad.jp/
システム生理学 山本希美子
「血管のメカノバイオロジー」
E-mail: bme@m.u-tokyo.ac.jp
http://bme-sysphysiol.m.u-tokyo.ac.jp
生体情報学 浦野泰照 
「ケミカルバイオロジー・in vivo微小がん蛍光イメージング」
E-mail: uranokun@m.u-tokyo.ac.jp
http://cbmi.m.u-tokyo.ac.jp/
生体機能制御学 阿部裕輔
「先端ME診断治療技術、人工臓器、IT医療」
E-Mail: abe@bme.gr.jp
http://www.bme.gr.jp
   
疾患生命工学センター
医療材料・機器工学部門

東 隆 
「超音波画像診断・低侵襲治療」
E-mail:azuma@fel.t.u-tokyo.ac.jp

http://www.bioeng.t.u-tokyo.ac.jp/faculty/10_azuma.html

再生医療工学部門 伊藤大知 
「バイオマテリアルシステム工学」
E-mail: taichi@m.u-tokyo.ac.jp
http://www.cdbim.m.u-tokyo.ac.jp/itolab/
放射線分子医学部門 宮川清
「放射線生物学に基づくがんの集学的治療」
E-mail: miyag-tky@umin.ac.jp
http://www.cdbim.m.u-tokyo.ac.jp/research/01_07.html
脳神経医学専攻 平成28年5月28日 (土)

午前9時〜12時
医学部教育研究棟 13階

1304号室(第6セミナー室)

ガイダンス出席の申込は不要です。専門分野・主任は下記の通りで、各教室概要は、http://neurosci.umin.jp/j/からご覧になれます。教室見学申込などは各教室主任宛にE-mailにて直接お願い致します。皆さんの積極的な応募を期待致します。

【基礎神経医学】   
  神経病理学     岩坪 威 iwatsubom.u-tokyo.ac.jp
  神経生化学     尾藤晴彦 hbitom.u-tokyo.ac.jp
  神経生物学     廣瀬謙造 kenzohm.u-tokyo.ac.jp
  神経ネットワーク (医科研) 真鍋俊也 tmanabe-tkyumin.ac.jp
  

【統合脳医学】  
  こころの発達医学  金生由紀子 kano-tky@umin.ac.jp
  感覚・運動神経科学 山岨達也 tyamasoba-tky@umin.ac.jp

【臨床神経精神医学】 
  神経内科学     辻 省次 tsuji@m.u-tokyo.ac.jp
  脳神経外科学    斉藤延人 nsaito-tky@umin.ac.jp
  精神医学      笠井清登 jimu-psy@h.u-tokyo.ac.jp
(なお、上記アドレスは、全角@を@で置き換えて下さい)

社会医学専攻 平成28年

5月21日 (土)

午後1時〜3時
医学部教育研究棟 14階

鉄門記念講堂
詳細は社会医学専攻のURL(下記)を参照ください。
http://www.m.u-tokyo.ac.jp/social-med/
掲載予定

 分子予防医学分野
 疾患生命工学センター健康環境医工学部門
 法医学分野
 公衆衛生学分野
 医療情報学分野
 医療コミュニケーション学分 野
 保健社会行動学分野
 臨床情報工学分野
 臨床疫学・経済学分野
 社会予防疫学分野
 精神保健学分野
 健康増進科学分野
 医療倫理学分野
内科学専攻 入学者ガイダンスを行う予定はありません。
生殖・発達・加齢医学専攻 入学者ガイダンスを行う予定はありません。
外科学専攻 入学者ガイダンスを行う予定はありません。
修士課程 ・ 博士後期課程
健康科学・看護学専攻

平成28年

5月7日 (土)

午後1時〜3時 全体説明会

午後3時~5時 各教室個別説明会

情報学環・福武ホール福武ラーニングシアター

プログラム
 1.専攻の説明
 山本 則子 (健康科学・看護学専攻長 教授)
  博士後期課程 (社会人等特別選抜を含む)
  修士課程 (博士前期課程[保健師教育コース・助産師教育コースを含む])
  修士課程 (看護師コース)
 2.各コース・研究分野の説明
 
  高齢者在宅長期ケア看護学/緩和ケア看護学
   家族看護学
   精神保健学/精神看護学
   老年看護学/創傷看護学
   ライフサポート技術開発学
   アドバンストナーシングテクノロジー
   看護管理学/看護体系・機能学
   地域看護学 
   母性看護学・助産学
   ※事前申込は不要です。

※ 専攻HPをご覧ください(http://hsn.m.u-tokyo.ac.jp//)

国際保健学専攻 平成28年6月4日 (土)

午後1時30分〜4時

医学部1号館1階講堂

事前の申込みは不要です。専攻HPを御覧下さい。 (http://www.sih.m.u-tokyo.ac.jp/)
各分野からのプレゼンテーションを行います。
修士課程
医科学専攻 平成28年

5月14日 (土)

1.午前の部
  (医科学専攻説明会)
 午前10時〜12時
2.午後の部
  (研究室訪問)
 午後1時〜5時
1.午前の部

医学部教育研究棟13階
 第6セミナー室

2.午後の部
 
 医学系研究科 各研究室
事前の申込は不要です。下記HPをご覧下さい。
医科学専攻 入学ガイダンスHP
専門職学位課程
公共健康医学専攻 平成28年

5月21日 (土)

午後3時〜5時30分
医学部教育研究棟 14階

鉄門記念講堂

事前の申込は不要です。後日、HPに詳細を記載します。
専攻HP : http://www.m.u-tokyo.ac.jp/sph/

疾患生命工学センター
疾患生命工学センター 入学ガイダンスを行う予定はありません (関連専攻のガイダンスにて行います)

 

5. 窓口による配布

5月9日 (月) から配布。(ただし、国際保健学専攻博士後期課程については、4月7日(木)から)

○場 所 等
医学部2号館 (本館) 1階 大学院係窓口 (大学院) ※玄関を入って左奥の事務室
受付時間:平日9:00〜17:00
○その他
希望する募集要項 (修士課程・専門職学位課程・博士課程・医学博士課程の別、及び志望する専攻名) をお知らせください。
※ 過去の入試問題については、「7.過去の入試問題」を参照のこと。

6. 郵送で請求する場合


※ 5月9日 (月) から配布予定。(ただし、国際保健学専攻博士後期課程については、4月7日(木)から)
  受験を希望する課程 (特に博士後期と医学博士)や志望専攻を明記していない場合、早急な発送ができない場合があります。必ず課程、志望専攻名等を確認の上、請求して下さい。


○請求書類など
窓口以外の請求は郵送のみ受け付けます。 (電話・FAX等による申請は不可)
下記 (1)〜(2) を揃え、郵送 (封筒の表面に「大学院募集要項請求」と朱書きしてください) にて請求してください。
(1) 募集要項請求用紙 (用紙はこちらをダウンロードして使用してください)
ダウンロードできない場合は、「希望する募集要項の種類・志望専攻名・連絡先」を記入したメモを入れてください。
(2) 返信用封筒
申請者の住所・宛名を記入し、送料分の切手を貼付した返信用封筒。

※ 参考 (送料分切手の目安)
部数 送料 封筒のサイズ 速達を希望される場合は、左の送料に速達料金 (通常280円) を合わせた金額分の切手を貼ってください
※受取り先が海外である場合はEMSで200グラムを受け取るのに必要な分のIRC(国際返信切手券)を同封してください。日本における IRC 1枚は 130円になります。

地域別の料金表はこちら。
1部 250円 角形2号
2部 400円 角形2号

○募集要項請求送付先
〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1
東京大学医学部大学院係
※ 封筒の表面に「大学院募集要項請求」と朱書きしてください
○その他
出願時に出身大学・大学院等の成績証明書等が必要になりますので、募集要項は日程に余裕を持って請求してください。

7. 過去の入試問題

下記で入手することができますので、直接お問い合わせください。

一般財団法人 東京医学会
〒113-0033  東京都文京区本郷7-3-1東京大学医学部内
Tel : 03-5841-3681(内線23681)  Fax : 03-3816-3287
E-mail: igakukai@m.u-tokyo.ac.jp

過去問の種類・価格・入手方法はこちらのHPにて確認してください。

8. 問い合わせ先

入試全般・募集要項請求に関する問合せ先
大学院係 03-5841-3309 (直通:平日9:00〜17:00) e-mail: in@m.u-tokyo.ac.jp