東京大学大学院医学系研究科・医学部

プレスリリース⇒一覧

02/14 肥満を制御する酵素を発見
02/05 日本人集団の2型糖尿病に関わる新たな遺伝子領域を発見
02/01 人工知能で脳波からてんかん発作を自動検出
01/25 思春期早期における向社会性の発達に脳帯状回の神経代謝と機能的ネットワークが関連することを発見
01/18 エストロゲンが骨細胞のSema3Aを介して骨の恒常性を維持するしくみを解明
01/17 B型肝炎ウイルスの治療薬候補「ペボネジスタット」を新たに同定
01/17 世界で最も精巧な頭部3次元CGデータを開発
01/17 緑内障手術練習用の眼球モデルを開発
01/17 微細手術に適用可能な低侵襲手術支援ロボットの開発
11/21 大腸がんの新しい発症メカニズムを解明
11/20 健常高齢者の2割を占める「前臨床期アルツハイマー病」は、一見正常だが、学習効果が乏しいことが特徴
11/20 肥満における慢性炎症の新規発症メカニズムの解明
11/05 卵子提供、代理懐胎など第三者を介する生殖補助医療と出自を知る権利に対する国内の意識調査について
10/31 シングルセル解析と機械学習により心不全において心筋細胞が肥大化・不全化するメカニズム(心筋リモデリング機構)を解明
10/29 人工知能による小腸粘膜傷害の診断
10/26 新規作用機序に基づくB型肝炎ウイルス治療薬候補を同定
10/12 IgM五量体の真の姿と、疾患制御タンパク質AIMとの結合様式の発見
10/09 がん遺伝子パネル検査「Todai OncoPanel」の臨床性能試験を先進医療で開始
09/21 遺伝情報を正確に守るための新たなDNA修復メカニズムを発見
09/18 リークカリウムチャネルの睡眠時間制御への関与を発見
09/18 眼科手技を模擬した眼科手術シミュレータの開発
09/12 分子モーターたんぱく質KIF26Aによる痛みの体感短縮機構の解明
09/11 パーキンソン病 病因タンパク質LRRK2の関わる新規ストレス応答機構の発見
09/07 骨芽細胞のRANKLが骨形成を促進する創薬標的になることを発見
09/04 予防医学センターと臨床研究支援センターP1 ユニットが機能を強化し新たなスタート
09/04 離れた脳領域の神経活動の大規模同時計測に成功
09/03 運動学習における「課題の成功率」と「運動の安定性」
08/29 世界初のIntelligent Image-Activated Cell Sorterを開発
08/28 レム睡眠に必須な遺伝子を発見
08/24 分子モータータンパク質KIF1Bβによるニューロンの生存・再生機構の解明
08/24 歯科医による口腔ケアが癌手術後の肺炎発症率と死亡率を減少
08/22 水溶性化合物による組織透明化の化学
08/17 パーキンソン病の新たな治療薬候補を同定