新着情報
HOMEホーム新着情報 一般向け最新情報

一般向け最新情報(2018年(平成30年))

一般一般向け情報   学内学内向け情報   プレス広報・プレス情報

患者のためのわかりやすい がん情報の提供に向け東京大学と国立がん研究センターの共同で がんコミュニケーション学 連携講座 設立

1.がんコミュニケーション学連携講座の設立について

医療についての情報が氾濫する近年、がん患者やその家族が根拠の不明確な情報に惑わされることが少なくありません。 しかし、これまで、がん患者や家族に向けて、医学研究により得られたがん情報をわかりやすく、かつ誤解のないかたちで伝えるためのコミュニケーションの方法について、体系的に研究し、よりよい方策を提案するための研究部門は、日本国内には存在しませんでした。

そこで、東京大学大学院医学系研究科と、国立がん研究センターが共同で、2018年4月に、がんコミュニケーション学連携講座を設立し、がん情報のわかりやすい提供のための研究と、医療従事者に対する教育を進めることとなりました。 東京大学大学院医学系研究科の学生に対する研究指導・教育を通じ、がんコミュニケーションの実務を担い、がんコミュニケーションを科学的に評価・計画できる人材の育成を目指します。

2.ヘルスコミュニケーション学記念セミナーの開催について

がんコミュニケーション学連携講座の設立にあたり、記念セミナーを開催します。 同講座の准教授に就任した高山智子氏(国立がん研究センター がん対策情報センター がん情報提供部 部長 兼担)や、患者-医師間コミュニケーション研究の第一人者である石川ひろの氏(帝京大学大学院 公衆衛生学研究科 教授)ら、国内のヘルスコミュニケーションの研究・実務の第一人者が一堂に会し、医療に関わるコミュニケーションの課題と、解決に向けた方策を議論します。

日時:7月29日(日)13:00~17:15
場所:東京大学医学部2号館講堂(本郷キャンパス)
講演 演者:
宮原哲  西南学院大学 文学部 外国語学科 英語専攻 教授
     日米コミュニケーション学会 会長
中山健夫 京都大学大学院 医学研究科 社会健康医学系専攻 健康情報学分野 教授
     日本ヘルスコミュニケーション学会 代表世話人
高山智子 東京大学大学院医学系研究科 社会医学専攻 がんコミュニケーション学連携講座 准教授
     国立がん研究センター がん対策情報センター がん情報提供部 部長
石川ひろの 帝京大学大学院 公衆衛生学研究科 教授

詳細はPDFこちら[PDF: 315KB]
記念セミナーの参加申し込みはヘルスコミュニケーション学記念セミナー特設ウェブサイトをご覧ください。

(2018/7/9掲載)