東大SPH創立10周年記念シンポジウム

創立10周年記念シンポジウム大会委員長

佐々木 敏

 

公衆衛生専門職大学院である東京大学大学院医学系研究科公共健康医学専攻(東大SPH)は創立10周年を迎えました。そこで、下記の通り「東大SPH創立10周年記念シンポジウム」を開催いたします。

同シンポジウムはサブテーマを〜私たちの10年 そして未来へ〜と設定し、国内外で活躍する本専攻の卒業生による講演と、創立に携わった教員による講演を予定しております。

本専攻がこれまでに社会に向けて輩出してきた卒業生が語る10年の歩みを、東大SPHの建学の理念とともに振り返り、東大SPHがこれからの社会の中で果たすべき役割について議論いたします。

本シンポジウムには、本専攻関係者のみならず関心をお持ちの方、どなたでもご参加いただけます。多数のご参加をお待ちしております。詳細については今後本ページを随時アップデートしてお知らせいたします

 

開催概要

            日時:    平成29年6月24日(土) 13:00〜17:00

   会場:    本郷キャンパス 医学教育・研究棟14F 鉄門記念講堂

            事前登録:不要 (※懇親会は予約の都合上下記よりお申込み下さい。)

 

タイムテーブル

総合司会:佐々木敏 (社会予防疫学分野教授) 
 
13:00    開会・来賓挨拶 
 
13:25    基調講演 
     東京大学大公共健康医学専攻創立への道のり。そして始動のころ
      小林廉毅 (初代専攻長、健康医療政策学分野教授) 
     東京大学公共健康医学専攻の今。そしてこれからの挑戦
      川上憲人 (専攻長、精神保健学分野教授) 

14:10    テーマ別講演 
     患者/市民に医療情報を提供する〜SPH、博士課程での学びと企業経験とともに〜
      早川雅代(3期、国立がん研究センター)
     AMED出向とキャリアパス-SPHでの学びとの親和性-
      西﨑祐史(3期、順天堂大学) 
             子育てをしながらのSPHライフ~女性の活躍に向けて~
      片桐諒子(5期、国立がん研究センター) 
     市中病院の臨床医としての「SPHでの学び」の還元と継続の意義
      磯貝俊明(7期、東京都立多摩総合医療センター) 
     SPHで学んだこと、社会がSPHに期待すること~産業保健の立場から~
      加藤杏奈(7期、花王) 
 
15:50    休憩 
16:00    総合討論 
16:55    閉会 
      閉会挨拶:橋本英樹(保健社会行動学分野教授)

学内関係者用広報素材

懇親会の受付を開始いたしました。SPH同窓会が事務局となって準備を進めております。懇親会は準備の都合上事前申し込みをお願いいたします。シンポジウム終了後に同一建物内で行われますので、たくさんのご参加をお待ちしております。

締切懇親会の事前登録はこちら