東京大学大学院医学系研究科・医学部

プレスリリース⇒一覧

11/20 予定帝王切開率の地域差の背景に周産期医療体制
11/17 次世代型マウス遺伝学の実現
11/16 がん遺伝子変異の高速評価を可能とするハイスループット機能解析法の開発
10/17 孤発性アルツハイマー病において神経細胞特異的なエピゲノム解析を元に乳癌の原因遺伝子BRCA1の関与を特定
09/21 ピロリ菌がんタンパク質の1アミノ酸多型が日本人胃がん多発の背景に
09/19 血糖・血圧・脂質に対する厳格な統合的治療の効果
09/14 ロタウイルスワクチン株の広がりが日本で初めて明らかに
09/13 細胞内骨格の賢い「解体屋」
09/11 統合失調症患者に対するベタインの治療効果を調べる臨床試験を行います
09/08 スマホゲームアプリ「Pokémon GO」は労働者の心の健康の保持・増進に有効
09/07 ヒトゲノムと結核菌ゲノムの統合的解析による新規結核発症リスク因子の同定
09/06 過去30年におけるわが国の職業別死亡率格差と死因別の寄与を解明
08/17 肥満症の治療標的として期待される「褐色脂肪組織」の新規制御因子を同定
08/17 精神疾患をもつ人の平均余命は一般人口に比べて20年以上短い
08/08 眼科手技を模擬した眼科手術シミュレータの開発
08/08 胃癌手術前後の運動トレーニングに関する臨床試験を開始します
08/04 発達期小脳において、脳由来神経栄養因子(BDNF)はシナプスを積極的に弱め除去する「刈り込み因子」としてはたらく
08/03 主要ながん免疫抗原である硫酸化グリコサミノグリカンの同定
07/21 小児の難治性てんかん症候群・ウエスト症候群/レット症候群の原因遺伝子CDKL5の欠損が大脳の興奮性を異常亢進するメカニズムの一端を解明
07/21 日本の都道府県別の疾病負荷研究(1990~2015年)
07/13 後頭葉の脳回形成の変化が統合失調症発症を予測することを解明
07/06 組織透明化による全身全細胞解析基盤の構築
07/04 小児T細胞性急性リンパ性白血病における極めて高い悪性度に関連する融合遺伝子を発見
05/31 免疫機能の個人差に関わる遺伝子カタログを作成
05/24 統合失調症におけるグルタミン酸系神経伝達異常の一端を解明
05/23 オートファゴソームはPI合成酵素が濃縮されている部位から形成される