医科学専攻のスタッフ  医科学専攻のスタッフは以下の医学博士課程6専攻のスタッフが兼任しており、修士課程、さらに博士課程まで通しての良きアドバイザーとなります。なお、専攻には疾患生命工学センターをはじめ、いくつかの協力講座も参画して学生の指導を行っています。

3. 病因・病理学専攻

病因・病理学専攻には人体病理学、分子病理学、微生物学、感染制御学、免疫学の5つの講座が本郷キャンパスにあり、このほか、疾患生命工学センターや医科学研究所などにいくつかの協力講座があります。これらについては別に紹介が掲載されていますので、ここでは本郷キャンパスにある基幹講座の活動を中心に紹介します。

病因・病理学専攻の大きな目標は疾病の成立のメカニズムを明らかにし、その対策を確立することにあります。基礎医学の教育過程では、学生はまず人体の正常の構造と機能を学んだあと、疾病のメカニズムを学ぶことになりますので、病因・病理学は後半の部分を受け持つことになります。病因・病理学は臨床医学への橋渡し的な役割があることが一つの特徴であると言ってもよいと思います。

病理学ではヒトの病気のメカニズムを形態学や分子生物学的手法で明らかにすることを目標としており、とくにがん研究に重点をおいて、人体病理学は深山正久教授が、分子病理学講座は宮園浩平教授が担当しています。微生物学では感染と発がん、感染症の対策等について研究しており、微生物学は畠山昌則教授が、感染制御学は森屋恭爾教授が担当しています。免疫学は生体特有の自己防御システムである免疫現象とこれに起因する疾病の研究を行っており、谷口維紹教授が担当しています。分子病理学、微生物学、免疫学は研究と教育を中心に行っていますが、人体病理学はこのほかに病院での剖検や組織診断が重要な業務で、感染制御学は感染症内科とともに病院内での業務を中心に行っています。また、協力講座として、疾患生命工学センター動物資源学部門(餐場篤教授)、病院薬剤部(鈴木洋史教授)があります。

病因・病理学専攻の講座がどのような学生に来てもらいたいと考えているかはそれぞれの講座で多少異なっていると思います。研究内容などについては、各研究室のホームページなどを参照してもらうのがよいでしょう。「がん」、「感染症」、「免疫」は21世紀の医学・生命科学研究の中心的位置をしめることはまちがいありませんから、若い研究者のみなさんにとっても魅力的なテーマが多く見つかると思います。病因・病理学専攻全体のセミナーなどはありませんが、大学院博士過程をめざす学生のための説明会を毎年5~6月に行いますが、説明会では、各講座の紹介に加え、若手研究者の講演会、専攻教員との自由懇談会なども企画しています。

専攻のホームページへ

病理学講座 人体病理学・病理診断学 EBウイルスとヒト発癌、肺・胸腺の病理、消化器の病理、病理診断学
肺腺癌、上皮間質総合作用
腫瘍病理、癌浸潤とマトリックス変化、アミロイドーシス
分子病理学 TGF-βのシグナル伝達に関する研究
細胞増殖制御の分子生物学的研究
微生物学講座 微生物学 ヘリコバクター・ピロリ菌による胃がん発症機構
感染発がんの分子機構とその制御法
動物実験施設 マイコプラズマ、ペスチウイルス
微生物学講座 感染制御学 肝炎ウイルスの病原性発現機構の解析、感染制御システムの構築
免疫学講座 免疫学 免疫調節と免疫病の研究、シグナル伝達と遺伝子発現の分子機構の研究
協力講座:
疾患生命工学センター
動物資源学部門 神経回路形成の分子遺伝学、個体レベルでのエネルギー制御の研究
a