医科学専攻スケジュール

医科学専攻は修業年限2年間の修士課程です。本専攻の設立主旨は医学以外のバックグラウンドを持つ学生が入学後広く基礎医学に接し、基礎医学研究の力を養成していくというもので、それに従って半年間基礎医学の講義を受け、その後基礎系研究室に所属して個々の能力を高めていくというものです。

2年間の大まかなスケジュールは以下のようになります。

医科学専攻スケジュール
1年次 4月1週 医科学専攻修士課程ガイダンス
4月~6月中旬 講義
6月下旬~7月上旬 病院実習
7月上旬~下旬 ラボローテーション
8月上旬 配属希望表提出、選考
8月下旬 研究室配属内定
2年次 10月上旬 博士課程入学試験
11月下旬 修士論文要旨提出
1月中旬 修士論文提出
2月中旬 修士論文発表会、審査試験

1.講義

1年次の4月初めより6月の終わりまで、午前8時30分より午後4時40分までの午前2コマ、午後2コマの講義が行われます。これはまず、様々なバックグラウンドを持った1年生たちに、共通の医学の知識を身につけてもらうためのものです。医科学専攻を担当する各研究室が約4コマずつを担当し、多方面にわたる医学の知識を教授するとともに、最先端ではどのような研究が行われているかが概論されます。

医科学専攻一年夏学期カリキュラム表

2.病院実習

病院実習の目的は、医・歯・獣医以外のバックグラウンドを持った医科学修士課程の 院生が最先端の医療現場を体験し、 医療従事者との交流を図るとともに、病気、病者及び診断・治療の実態を知り、医学者としての心構えを体得するためのものです。
院生は数班に分かれ、二週間に亘って毎日異なる科を訪問し、診療・手術を見学するほか、 医療現場で現在どのようなことが問題として存在するかについて、講義を受けます。

平成29年度医科学修士病院実習日程
1.実施日程 平成29年6月19日(月)~6月30日(金)
実習時間:8:30~16:40
 ただし、6月20日(火)及び6月27日(火)は医学共通講義に出席する機会を確保するため、病院実習は行わない。
 また、6月20日(月)は全体説明会とする。各実習日の集合時間および集合場所は、各診療科の指定する時間および場所とする。
2.班編成 1班の人数は3~5名とする。

病院実習日程表

3.研究室ローテーション

配属先を決めずに入学した学生に対しては、研究室ローテーションが行われます。ローテーションは説明会やそれまでの講義などで興味を持った研究室に体験在籍し、 実際に研究室の雰囲気を直に体験することの出来る期間です。期間内に回ることができる研究室に限りはありませんが、希望する研究室によってはローテーション期間の中での期間を設けている場合がありますので注意してください。
2週間をどのように使うかは完全に院生に任されています。院生各自が各研究室の教授と連絡を取り合い、 有意義にローテーションを行うことができます。2週間の間で複数の研究室を回ることも可能ですし、 2週間1つの研究室に居着いて特定の研究手法を身につけることも可能です。

4. 指導教員の決定と学位研究の開始

配属先を決めずに入学した学生については、配属研究室はラボローテーションの終了後、8月上旬に提出された希望調査票を基に決定されます。
ローテーション終了後、自分が所属したい研究室を第3希望まで挙げてもらいます。
希望表の結果、希望者が
1. 学年で2名まで同一の専攻分野を選択することができる
2. 医科学研究所・分子生物学研究所の研究室は学年で4人までが選択することができる
の2つの基準を上回ってしまった場合、学年担任および基準を上回った研究室の希望者たちとのあいだで面談がおこなわれ、調整されます。

5.博士課程入学試験

博士課程入学試験(医学博士課程)は毎年10月上旬に行われています。進学に当たっては、修士学生に対しては筆記試験が免除されています。

6.修士論文審査試験

修士論文の締めきりは1月中旬で、運営委員会の選出した3名のレフリーにより査読されます。2月中旬には審査会が開催され、一人30分程度の討論があります。査読と審査会での質疑応答の結果、合否が決定されます。

a